記事提供:サイゾーウーマン

25年経ってもこんなに元気だなんて…。

NBA史上最高のプレイヤーだとたたえられている、元プロバスケットボール選手のマジック・ジョンソン(57)。

1980年代にロサンゼルス・レイカーズが成し遂げた5回の優勝に貢献し、ファン投票によりNBAオールスターゲームに通算12回選出。3回のシーズンMVPに輝くなど、すばらしい功績を残してきた。

そんな彼がHIVに感染していることをカミングアウトし、レイカーズから引退すると発表したのは91年11月7日のこと。

HIV感染者に対する偏見が吹き荒れていた時代に記者会見を開き、「HIVに感染したので、本日付でレイカーズを辞めなければならなくなりました。エイズは発症していませんが、HIVウイルスに感染したので。妻はHIV陰性ですので問題ありません。ま、長生きするつもりですから。これからも、みなさんよろしく」と堂々と告白したのだ。

マジックは「今後はHIVのスポークスマンになる」「セックスするときは、必ず予防すること。自分は絶対に大丈夫と思うだろうけど、そんなことはないんだって伝えていきたい」とも語り、世間に大きな衝撃を与えた。

「ジョン・F・ケネディ大統領暗殺に匹敵する」と表現されるほど全米に大きなインパクトを与えた、マジックのHIV感染告白。

当時、HIVは「同性愛者による性行為」「薬物依存者が注射器の回し打ちで」感染するものだというイメージが強かったが、マジックが異性とのコンドームなしのセックスでHIVに感染したと明かしたことで、感染者に対する偏見が少しずつ変わるようになった。

マジックは、引退後の92年に開催されたバルセロナオリンピックで、NBA史上屈指のスター選手たちが集まった「ドリームチーム」のメンバーとして大活躍し、金メダルを獲得。

同年のオールスターゲームにも出場し、HIV感染者も普通の暮らしができるのだということをアピールした。

治療薬が効いてエイズの発症が抑えられていることもあり、現役引退後は、HIV感染を防ぐチャリティー活動を行いながら、スポーツコメンテーターに挑戦したり、レイカーズの株を購入し、コーチとして働いたり、95~96年には現役に復帰したりと精力的に活動。

ビジネス界でも大成功を収め、2012年にはロサンゼルス・ドジャースの共同オーナーとなった。現在、マジックの総資産は6億ドル(約630億円)ともいわれている。

そんな彼が7日、米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」の突撃取材に応じ、HIV感染を発表した日からちょうど25年たったことに関して、「自分が元気に生き続けられていることは幸せに思っているが、この25年間に、多くのHIV感染者が亡くなっているからね」と発言した。

同サイトが公開した突撃取材映像は、レストランから出てきたマジックがリポーターたちを見て「なんか起こったのかい?」と気さくに話しかけるところからスタート。

「あなたの衝撃的な告白から25年過ぎましたが」

「あぁ、その通りだね」

「多くの人が、あなたの告白が、この病に対する認知度や同情を高めたと評価しているわけですが、25年目を迎え、どう思いますか?」

「光栄だと感じるね。多くの命を救えたわけだからね。でも、亡くなった命も多いんだよ。まだまだ先は長い。(略)(感染率は)下がっているけど、HIVやエイズとの闘いはまだまだ続くんだよ。感染予防教育を広めていかないといけないし。若者たちに、セックスをするときは予防しなければならないこと、HIVやエイズは消え去ったわけではないことを教えていかないと」

そして「あれから25年後の今も自分はここにいる…いや、本当に信じられないね。今でもあの記者会見のことを、しっかり覚えている。みんなが、チームメイトが応援してくれて」「ファンも応援してくれて。きみたちも応援してくれてね」と、力強い口調で感謝の気持ちを述べた。

リポーターは続けて「今日は、ほろ苦い日じゃないんですか?」と質問。

マジックは、「そりゃね」「いろいろあったからね。妻のクッキーには感謝している。子どもたちのEJ、アンドレ、エリッサ、それに孫も2人いる」「ほろ苦いって思うのはさ、私は確かに元気だ。25年たち、私は今もここにいる。でも、みんなにも生きていてほしかったって思うからなんだ。この致命的な病で亡くなった患者たち、遺族たちに祈りを捧げるよ」と述べ、「長い道のりだったよね。でも道はずっと続いているから、これからも進んでいかないとね」と約束した。

「自分は完治したわけではない」と気弱な一面も見せているマジックだが、バスケットコートで奇跡を起こした男は、HIV/エイズとの闘いにおいても奇跡を起こしている。

彼の生き方が病への偏見を緩和させてきただけに、今後もスポークスマンとして活躍できるよう、寛解状態を保ってほしいと願わずにはいられない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス