多くの人の予想とは別の結末を迎えたアメリカ大統領選から一夜明けた11月9日。ヒラリー・クリントン氏が、夫のビル・クリントン元大統領ら家族と共に、支持者の前に登場しConcession Speech (敗北宣言)を行いました。その内容が力強く素晴らしいと話題になっています。

選挙結果が出た後、初めて公の場に登場したクリントン氏は、多くの支持者が心配する中、素晴らしい笑顔で登場しました。

クリントン氏はまず「トランプ氏が、すべてのアメリカ人にとって良い大統領になることを願っています」と語り「この結果は、私たちが懸命に頑張り、望んできた結果にはなりませんでした。この選挙に勝つことができず、申し訳ありません」と支持者に向け謝罪。

そして「この敗北に、長い間きっと心を痛めることになるでしょう」と語りました。

結果を受け止め、未来に目を向けよう

「けれど私達は今回の結果を受け止めて、未来に目を向けなければならないのです。ドナルド・トランプが私たちの大統領になる。私達は、この事に敬意を払わなくてはなりません。そして今度は、彼がより良い指導者となる為のチャンスを与える義務が私達にはあるのです

「4年に1度の選挙の時だけではなく、常に民主主義は皆さんの参加を求めています。だからこそ、できる限りの事をやっていかなくてはなりません。私たちの国を、私たちの地球を守るために」

「全ての人種、全ての宗教、全ての男性と女性、移民、LGBTの人びとや、障害を持つ人びと、アメリカンドリームはその全ての人たちのものなのです」

そして若者たちへもメッセージを送りました。

「私は生涯をかけて、自分の信じる道を貫き戦ってきました。勝った事もあれば、挫折して大きな痛みを味わう事もありました。今、皆さんはそのキャリアのスタート地点にいると思います。きっとこれから、成功も挫折も味わってゆくでしょう。その中にはとてもつらい事もあるでしょう。

けれどどうか、信じ続ける事をやめないで下さい。あなたが正しいと思う事の為に戦う事、それはとても価値のある事なのですから

そして今回、女性の社会進出を阻む事を例える「ガラスの天井」についても「今回は打ち破る事は出来なかったけれど、きっと私が想像するよりずっと早く、誰かがこれを打ち破ってくれると信じています」と語り、全ての少女たちへこう語りかけました。

「これを見ている小さな女の子達、あなた達にはみんな価値があり、パワーに満ち溢れ、世界中どこでも自分の夢を追い求めて叶えるチャンスがある、それは疑う事のない真実なのです

そして最後に「私は皆さんと一緒に戦った事を、決して後悔しない」とし、聖書の一節を引用しました。

「正しい行いをすることに疲れ果ててしまわないようにしましょう。失望せず、あきらめずにいれば、やがて祝福を刈り取る日が来るからです。」

会場では多くの支援者が涙を浮かべ、すすり泣く声も聞こえてきました。その様子を見ながら「この陣営と私を信じてくれたすべての女性たち、皆さんのチャンピオンとなれた事が、私にとって最高の誇りでした」と語りかけたクリントン氏。

途中、若者へのメッセージの際は、拍手が鳴りやまず、涙をこらえる様子を見せましたが、終始力強い声で、笑顔を交えながらスピーチを終えました。

CNNの集計によると、一般投票の得票数では、得票数は5975万5284票とトランプ氏の5953万5522票を上回っていたクリントン氏。

不在者投票などがまだ集計に加わっていない為確定ではありませんが、このままいくと、2000年の大統領選以来の『ねじれ現象』が起き、クリントン氏は「得票数では勝ったのに落選した候補」となる見通しです。

1年の戦いの末、誰もが勝利を信じていた中、敗北宣言という形でスピーチを行わなくてはならなかった事はとても辛い事だったでしょう。CNNは、このスピーチはおそらく事前に準備されていたものではないだろうとコメントしていました。

今回、結果として負けてしまった事は動かしようの無い事実。そこからどう立ち上がるのか、そして共に戦ったきた支援者たちにどんな言葉を伝えるのか。

クリントン氏のこの日の服装は紫色。これは民主党の青と、共和党の赤のシンボルカラーを混ぜた「超党派」を意味しています。この日の敗北宣言からは、選挙選のこの1年だけでは無いクリントン氏の強い信念とその生き方が見て取れる様です。

こちらの記事もオススメです。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス