記事提供:日刊大衆

“広島愛”を貫き通した男がついにグラウンドを去る。マウンドから下りた時に彼が見せる意外な一面とは!?

瞬間最高視聴率74.1%。驚異的な数字を叩き出したのは、10月25日に行われた日本シリーズの第3戦だ。試合を中継した広島の地元テレビ局が、冒頭の数字を記録。平均視聴率は59.6%と、同局の歴代最高視聴率となった。

「この日は、今季限りでの引退を表明した広島カープ・黒田博樹(41)の先発マウンドだったんです。彼の雄姿を目に焼きつけようと、広島中のファンがテレビに釘づけとなっていました」(地元紙記者)

結果、黒田は6回を投げて被安打4、1失点の力投を見せるが、チームは3‐4で惜敗した。

しかし、これだけ多くの人々を惹きつけるのは、黒田という男の経歴の随所に垣間見える、その“男気”によるところが大きいだろう。黒田の男気が知られるようになったのは、一昨年の暮れのこと。

「メジャー球団からの20億円のオファーを蹴って、年俸4億円で広島への復帰を決めたときでしょう。海外メディアからは“クレイジー”と報じられましたが、日本のマスコミは“男気のなせる業”と絶賛しました」(スポーツ紙記者)

しかし、そもそもの始まりは、06年まで遡る。当時、FA権を獲得した黒田は、メジャー挑戦の準備を進めていた。

しかし、そのシーズン終盤、広島市民球場(当時)でファンが、あるメッセージを掲げた。<我々は共に闘って来た 今までもこれからも…未来へ輝くその日まで君が涙を流すなら君の涙になってやる Carpのエース黒田博樹>

黒田が後に「あのファンの気持ちは大きかった」と語っているように、このメッセージに心を動かされ、メジャー挑戦を1年延期したというのだ。

「当時の黒田は、31歳。年齢的には1年でも早くメジャーに行きたかったでしょう。それなのに、ファンのために残留を決断したわけですから、まさに“男気”ですよね」(前同)

以来、黒田は移籍後も広島への愛を貫き続ける。

「黒田がドジャースで活躍していた頃、アメリカ生活に嫌気が差し、日本に復帰するとの噂が流れたんです。情報を掴んだ巨人が獲得に動いたが、黒田は“日本に帰るときは、広島です”と断ったと言われています」(スポーツ紙デスク)

実際に、広島時代のマンションは渡米後も処分せずに、いつか広島に帰るときのために、7年もの間、空家のままにしていたといわれている。その愛する広島に復帰する決断を下したのは、14年オフのことだった。

黒田博樹の男気と広島カープへの愛

広島の球団幹部は毎年のように、黒田に「帰ってきてくれ」と伝えていたが、黒田は「ありがとうございます」というのみだった。

「しかし、その年は球団幹部が恒例のように“帰ってきてくれ”というと、“お願いします”との返事が返ってきたとか」(前同)

ただ、黒田に対するメジャーの評価は高く、パドレスなどから年俸20億円を提示されていた。

「そのため、いくら払えばよいのか悩んだ広島球団が恐る恐る提示した金額が4億円。それを黒田は二つ返事でOKしたんです」(同)

このオファーを、なぜ受けたのか。「日本に帰るなら最後は広島で」という強い思いに加えて、もう一つ黒田の心を後押ししたものがあったという。

「14年10月、その年の夏に広島を襲った集中豪雨の被災地を、黒田はボランティアで訪れています。そこで見た光景が、今こそ広島に恩返しをすべき時なのではと、彼の気持ちを後押ししたんだと思います」(同)

というように、黒田の男気エピソードを書き始めれば、枚挙にいとまがない。しかし、その裏には、黒田の“人間臭い素顔”も隠されていた。

マウンド上では、様々な決断を瞬時に下す黒田だが、プライベートでは、優柔不断だというのだ。

「“一度焼肉と決めても、歩いているうちに、中華のほうがよかったかなと思い、中華料理店に入る”なんて話をテレビ番組でしていましたね(笑)」(広島番記者)

熱狂的なカープファンとして知られる、お笑いコンビ『ザ・ギース』の尾関高文氏は、黒田の素顔をこう語ってくれた。

「黒田さんは、実は大のお笑い好きなんです。まだ売れていない芸人の名前も、よく知っています。僕のような人間にも偉ぶることなく接してくれる、素晴らしい人ですよ」

そのお笑い好きが高じてなのか、チーム内でも周囲を笑わせるイタズラをたびたび仕掛けているという。

「一番有名なのは、新井貴浩選手の用具カバンに、消火器を入れたイタズラ。新井選手は気がつかずに、そのまま家に持って帰ってしまったそうですよ」(前同)

“もう勝てない”と弱音を吐露

ちなみに、このイタズラが決行された日は、新井がタイムリーエラーをしてしまった日だったという。黒田なりの励ましのメッセージだったのかもしれない。

「他にも、現三軍コーチの菊地原毅さんは、バッグに鉄アレイを入れられたとか。自身の200勝がかかった今年の巨人戦では、緊張するチームのムードを変えようと、黒田は“あいつは最近、ビタミンが足りていない”と、野村祐輔投手のスパイクにみかんを仕込んだそうです」(前出の番記者)

また、マウンド上では、気持ちを全面に出した闘志あふれるピッチングをしてきた黒田だが、実はとても繊細な一面があるという。

「広島に復帰した当初、“今年勝てなかったらどうしよう”と身内に不安を漏らしていたとか。0勝に終わった今年の5月にも“もう1勝もできないかも”と弱気になっていたそうです。しかし、彼はそんな不安を外部の人間には一切感じさせませんでした。一度、背負った“男気”という看板を最後まで下ろすことはなかった。そこに一番、男気を感じますよ」(前同)

体もボロボロだった。メジャー時代、打球が右側頭部を直撃。以来、首から右肩にかけて残る後遺症の痛みと闘い続けてきたという。

「CSファイナルステージの登板3日前には、キャッチボールの際に肩が上がらなくなり、登板回避も検討されたほど満身創痍の状態だったんです」(同)

それでもファンの期待に応えようと、マウンドに上がり続けた黒田。日本シリーズで記録した驚異的な視聴率も、むべなるかな。前出の尾関氏は黒田に、こんなメッセージを送る。

「辞めないでくれというよりは、よく、ここまでやってくれたという感謝の気持ちのほうが大きいです。本当に、ありがとうございましたと言いたいですね」

野球評論家の里崎智也氏は、黒田の引き際の見事さを、こう絶賛する。

「どのチームにも黒田さんのような“伝説”と呼ばれる選手はいますが、チームを優勝させて、有終の美を飾るという幸せな終わり方ができる選手は滅多にいません。黒田さんの辞め方は理想的ですよ」

耐雪梅花麗。黒田の座右の銘であるこの言葉は、雪に耐えて咲くからこそ梅の花は美しいという意味。まさにその言葉通り、様々な苦難を乗り越えながらの野球人生だっただろう。

広島を愛し、広島から愛された男。彼の19年にわたる野球人としての軌跡が、永遠に語り継がれていくことは間違いない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス