宗教的、思想的、道徳、健康上などの理由により、肉や魚などの動物性食品をとらず、野菜・芋類・豆類など、植物性食品を中心に食べて暮らす菜食主義者(ベジタリアン)の方々。

ちなみに、大きく分けると、肉類に加え卵・乳製品なども一切食べないビーガン(ピュアベジタリアン)、植物性食品と卵を食べるオボベジタリアン、植物性食品と乳製品を食べるラクトベジタリアンなどのタイプに分かれるそうなのですが…

そんな野菜しか食べてこなかった菜食主義者が

22年ぶりに肉を食べてみる!

という…前代未聞の検証実験。これが海外を中心に話題となっているので紹介したいと思います。

↑コチラの女性が、22年間、一口たりとも肉を食べなかったという…生粋のベジタリアン“Stephanie Potakis”さん。なお、今回の検証実験は、自身がディレクターを務める、エンターテインメント系サイト「The A.V. Club」が行ったモノであり、プロデューサーからの懇願によって実現されたという企画。

はたして、Stephanieさん。どうなってしまうのでしょうか?

検証が行われた場所は、アメリカ、イリノイ州シカゴ、フルトンマーケット地区にある、モダンなアメリカンステーキハウス「Swift & Sons(スウィフト&サンズ)」。

検証実験開始!

まず最初にStephanieさんが食するのは「CRISPY CHICKEN THIGH(皮をパリパリに焼いた鶏もも肉のグリル)」。

22年ぶりのお肉を、口いっぱいに放り込むStephanieさん。

あまりにも久しぶりすぎるお肉の味。拒否反応だって辞さないこの状況。しかし、次の瞬間!

「う~ん!美味い!!!」

なんとも言えない表情を見せるStephanieさん。(笑)

彼女曰く

「このジューシーさは、野菜では決して味わえない」

とのことですが、本当に美味しい時にしか出ない…この表情。(笑)これはきっと、体が“肉系の油”を欲しがっていたのでしょうね。

次に食するのは「BONE MARROW(骨髄)」。

骨感丸出し、グロテスクな見た目に、多少抵抗を感じるStephanieさん。しかし…

これまた、ナイスな表情を浮かべるStephanieさん。さらに

「これ、大好き。大好物になっちゃった。」

とまで発言!(笑)

最後は禁断のステーキ。しかも、A5ランクの和牛!

う~ん。(笑)

では、22年ぶりに肉を食べた女性の、素敵すぎるリアクション。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

肉ってやっぱり凄いわ…。

鶏肉、骨髄、ステーキと、三種類の肉を食べ、大満足の表情を浮かべるStephanieさん。なお、この日をもって「菜食主義を止める!」と宣言した彼女。これからは、死ぬまで肉を食べ続けるとのことです。(笑)

肉の素晴らしさを再確認した…今回の検証実験。やっぱり肉は最高ですね。

興味深過ぎる検証実験。コチラも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス