幸せそうなカップル、ドーンさんとスティーブンさん

Pinned from mirror.co.uk

ネットで運命の相手と知り合う機会が増えた時代。筆者の住むイギリスも「Plenty Of Fish」という出会い系サイトが人気です。

このサイト、名前が「お魚たくさん」という意味でなんだか安っぽく、出会い系サイトと訳してしまうと響きが日本では少し如何わしいサイトだと受け取られがちですが、こちらイギリスではこの出会い系サイトを婚活のために利用している人も多く、そこでカップルになって結婚するという人も少なくありません。

英ウェールズ在住のドーンさん(34歳)には、前のパートナーとの間に11歳と8歳の娘二人がいました。別れた後2013年からこのサイトに登録するように。そして数人とデートを重ねてきましたが心に響くことはありませんでした。

ついに2014年、運命の人スティーブンさんと出会ったドーンさん。今年5月末にめでたく結婚式を挙げることができました。ところがこの2年の間、ドーンさんは「乳がん」と闘わなければならなかったのです。

スティーブンさんとは最初から気が合った

Licensed by gettyimages ®

これまで数回、失望を感じてばかりだったドーンさんの目の前に現れたのがスティーブンさんでした。ネット上でやり取りするうちにスティーブンさんが自分に興味を持ってくれていることがわかったドーンさんでしたが「どうせうまくはいかないだろう」という気持ちもあり「話したいなら電話してきて」と言って電話番号を教えました。

すると、スティーブンさんはドーンさんに電話をし、その一週間後二人は初デートをすることに。そして実際に会ってみるとすぐに意気投合しました。「今度はうまくいくかも知れない」と楽しく過ごせる相手と出会えたという喜びに包まれていたドーンさんでしたが、数回デートを重ねる間、体調の異変に気付きました。

乳がんが発覚した

Licensed by gettyimages ®

胸のしこりを不安に思い、ドーンさんは医者へ行きました。「最初は、若い頃に入れたシリコンが固まったのかなって思いました。昔極度のダイエットをしたことがあり、かなり痩せたので、豊胸手術を受けたんです。だからシリコンを取り換える時期なのかな、ぐらいに思っていたんですが…。」

念のために医者へ行くと乳がんと宣告されたドーンさんはショックを受けました。がんは12cmもの大きさにまでなっていました。急きょ治療をしないと命に関わる危険性もある、と言われたドーンさんは、4回目のデートの時にスティーブンさんに別れを告げたのです。

「がんの治療をしていかなきゃいけないし、治療をすれば子供だって授かる可能性もなくなるし。まだ4回目のデートっていうのもあって別れた方が彼にはいいと思いました。」

するとスティーブンさんは…

Licensed by gettyimages ®

ドーンさんから話を聞いたスティーブンさんはこう言いました。

「一緒に病院に治療に行こう。そして二人で乗り越えよう。」

この言葉がどれほどドーンさんを励すことになったでしょう。まだ4回しかデートしていない相手にそんな風に言ってもらえるなんて予想もしていなかったドーンさんは、その時スティーブンさんのことを守り神のように感じたと言います。

更にスティーブンさんは言いました。

「僕は、付き合いをやめたくない。でも君がどうしてもって言って、これで終わってしまっても、僕は君のようないい友達を得たことは幸せだよ。」

その言葉に感動したドーンさん。そして2014年の11月にドーンさんの治療のために二人はカーディフの病院を一緒に訪れました。

ドーンさんの辛い治療を支え続けたスティーブンさん

Licensed by gettyimages ®

化学療法や抗がん剤治療など、度重なる辛い治療の副作用で体重が増え、毛が抜けてしまったドーンさんの側には、いつもスティーブンさんがいました。そしてドーンさんには内緒で自分の毛を丸刈りにし、ドーンさんが劣等感を抱かないようにとサポート。体を張ったスティーブンさんの愛情にドーンさんは感動したと言います。

「できれば二人の子供が欲しいね」と言いあっていたドーンさんとスティーブンさんでしたが、スティーブンさんにも前のパートナーとの間に5歳の子供がいたために、ドーンさんは二人の子供を持つことを諦め、乳がんの治療に踏み切ったそうです。

そして、病に伏しているドーンさんを元気づけようとスティーブンさんはプロポーズをしました。「彼は、私が治療の副作用でひどい状態だったにも関わらず、私を美しいという気持ちにさせてくれたんです。すごく嬉しかった」とドーンさんは話しました。

そして辛い治療を二人で乗り越えた現在、ドーンさんの乳がんは寛解の状態に。スティーブンさんとドーンさんは5月末に結婚式を挙げて晴れて夫婦となることができました。

苦難を乗り越えた二人は夫婦であり、同志

Licensed by gettyimages ®

出会い系サイトで知り合ったドーンさんとスティーブンさんですが、ドーンさんの乳がんという辛い病気を共に乗り越えたことによって、二人は同志に変わりました。そして今は深い絆で結ばれているスティーブンさんとドーンさん。二人の愛があれば、この先どんな困難もきっと乗り越えていけることでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス