アメリカの新大統領、ドナルド・トランプ

Licensed by gettyimages ®

今、日本でもこの話題でもちきりでしょう。筆者の住むイギリスでもBrexit(英国離脱)投票のショックを思い出した人も多いようで、「イギリスに続いてアメリカも!?」とがっくりと肩を落としている英国民たちの声が、テレビやラジオなどでひっきりなしに放送されています。

でも、時既に遅し。アメリカの新大統領はドナルド・トランプ氏になってしまいました。投票での勝利ということですから、彼を応援していた人たちももちろんいることでしょう。

しかし「ヒラリーも嫌だけどトランプよりマシ」と思っていた人たちの願いもむなしくトランプ氏の勝利となってしまった今、アメリカ国内はもちろん、諸外国で衝撃を受けている人は決して少なくありません。

書評家の渡辺由香里さんは…

フランスに住むアーティスト、辻仁成さんも…

「世界とアメリカの先が見えなくなった」

Licensed by gettyimages ®

アメリカ在住の野沢直子さんは、現地での選挙戦を目の当たりにしておりトランプ氏優勝か⁉の時点で日本メディアのインタビューで「トランプが当選したらブラジルに引っ越す!もうアメリカは終わり」「トランプがなったら(日本では)テリーさんが(首相に)なるのと一緒ですよ!」と発言していたほどでした。

政策なんてまるでない、これまでもアメリカ以外はゴミとでも言うような数々の問題発言をしてきたトランプに、なぜ支持者がいるのか不思議だと思う人もいるでしょう。日本で活躍するパックンことパトリック・ハーランさんは著書の中でこのように綴っています。

彼の政策(そんなものがあるとしたら)や発言内容そのものには何の価値もありません。どれだけ整合性のない言動をしても、パフォーマンスでごまかしてしまう。トランプは、政策や組織力ではなく話術で大統領選を戦ったのは間違いありません。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

トランプ氏の勝利によって、世界とアメリカの将来が見えなくなってしまったと頭を抱えている人が更にがっくり来るようなパックンの言葉…「ごまかし」でアメリカの政治を握るのがトランプ氏なのだとしたら、今後のアメリカはかなりの窮地に立つといっても過言ではないでしょう。

中には、この話術に乗せられてか「ジョークでトランプに投票したけど、マジで大統領になっちまったよ。どうしよう」というアメリカ国民のツイッターもあり、筆者としてはまさにBrexit(英国離脱)に起きたことと全く同じことが起こっているのでショックを隠せません。

ショックで脱アメリカを試みる国民たち急増中!

Licensed by gettyimages ®

トランプ氏がアメリカの大統領になってしまったからには、もうアメリカは明日にでも潰れてしまうほどの危機を背負ってしまったのと同じ…そんな不安やショックを抱える人たちが、投票結果が出てすぐに「カナダへ移住するには」とGoogleでサーチし始めたのだそう。

そして、カナダの移民局のサイトはそんなアメリカ国民が集中して押し寄せたせいで、パンクしてしまうという結果となりました。

カナダとの国境がこんなにも高く感じる米国民…

出典 http://imgur.com

お隣の国、カナダでもこの事態には手を焼いているでしょうね。

カナダが無理ならニュージーランドやヨーロッパに…と思う人もいるようで、この選挙戦をハラハラしながら見ていたイギリス国民は「ウチには来ないで」という冷たい一言をSNSで放つ人も。現在、Brexit(英離脱問題)でいっぱいいっぱいなのに、これ以上移民が増えるとどうにも対応できないといったところでしょうか。

客観視するユーザーは…

「トランプを見てて、経験なくても仕事に応募できるんだってことがわかったよ」と大学生がツイート。そう、政策がなくても政治家としての経験がなくても、アメリカの大統領になれてしまうんです。なんてことでしょう。

世界はどう動いていくのでしょうか…

Licensed by gettyimages ®

筆者の住むイギリスも離脱問題を抱えており、多かれ少なかれそれは日本の経済にも影響しています。そしてこのトランプ氏が大統領になったという時点で、日本を始めとするアジア諸国や世界の経済に動きがあったことは確実。

つまり、アメリカの大統領が抱えているのは「アメリカ」という一つの国だけではないのです。それをトランプ氏はどのように理解しているのか。そんなこと聞くのも恐ろしいという人もいる現状なため、どうにも失望感が拭えません…。

どうなるの、アメリカ…

Licensed by gettyimages ®

恐らくあと数日はこのトランプ大統領の件でもちきりとなることでしょう。世界に大きな歪みを与えてしまった英国離脱問題に続くトランプ氏の大統領選。果たして、私たちの住むこの世界はどの方向へと向かっていくのでしょうか。国際ニュースから、暫くは目が離せそうにないですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス