時々遭遇する、「キレる人」



時々、キレる人に遭遇することがあります。

以前、新婚旅行から帰ってきた空港で、スタッフの女性に怒鳴り散らしている男性をみました。
機長の判断で、天候不良で燃料が持たないかもしれない?か何かの理由でしたが、とにかくその便の乗客が預けたすべてのトランクは置いて出発されていて、届くのは明後日以降になるということでした。男性はそれに対して延々キレて怒鳴っていたのです。事前に何の通知もなかったので、怒りは当然のことで、誰かに当たりたくなる気持ちもわかりますが、だからといっていくらキレたところで荷物が届くのが早まることはないしなぁ…とその時私たち夫婦は思っていました。




ほかにも、こういった「キレる人」を見かけたことがあります。

●ドラッグストアにて

ドラッグストアで買い物をしていました。店内ややや混んでいて、2ヶ所あるレジには、それぞれ数人並んでいました。そしてやっと順番がきた~と思っていた私の前に、逆方向から女性が割り込んできたのです。

レジなのでもちろん店員さんがいらっしゃいました。
だから「後ろに並んでくださいね」と言ってくれるかと思ったのですが言ってくれず、先にその女性のレジを済ませ、一言

と列を指さしておっしゃいました。イヤイヤ違うでしょ~と苦笑していたら女性が


まさかの逆切れ(◎_◎;)




書いてなくてもわかる配置だったし、なにより並んでいる人もいたので何人かが「えっ」という顔で女性をみていましたが、怒鳴ることでさらに注目を浴びていました。

しかし本人は何事もなかったように店外へ。

●狭い道路にて



任侠映画さながらの、凄味の効いた怒号でした。後ろの車の人、キレて出てきて揉めたりしないかしら…(◎_◎;)とビクビクしていましたが、ゆっくり後退して、それに続いてダンプも後退し、無事ダンプ同士は行き違うことができました。

そもそも、ダンプ①が来ていることがわかっているうえで、ダンプ②が前進しすぎたことが問題なのに…と思いましたが、ダンプ②は全面的に後ろのノロマが悪い、という感じでした。

キレるということ。

そもそも、人はなぜキレるのでしょう。

■キレるとは?
キレる=衝動的攻撃
怒りを我慢し続けている時に更に新しい怒りが加わると、その瞬間に思考が遮断されて選択する行動の手段が一つしかなくなった状態。

出典 http://www.rui.jp

私が遭遇した人たちは、2の強制の怒り(客>店員、自分>他人など)や、4の自己表現の怒り(プライドを傷つけられた時の怒り)が主な原因でしょう。それをきっかけに相手とのもめ事が起きるかも、というリスクよりもその時の自分の怒りの感情を発散させなければならない精神状態だった、ということなのです。特に男性の口調は、相手が相手なら恐ろしいことになっているくらいの勢いでした。

人が怒りを感じるメカニズムは
(1)出来事との遭遇
(2)出来事の意味づけ
(3)怒りの発生
の3段階を踏みます。
人は、遭遇した出来事に対して、自分が「こうであるべき」と信じていること(=コアビリーフ)を裏切っていないかを基準に意味づけをします。コアビリーフを裏切っていると判断すると、まず「悲しい」「辛い」などの「1次感情」が発生します。それを器にためようとするのですが、器が満タンになると、「2次感情」である怒りが生まれるのです。

出典 http://president.jp


キレている人や不機嫌な人をみると、私も気を付けよう、と思います。また、あの人は何に対してあんなに怒っているのか、と観察したりします。私自身は鈍感なせいか、そこまで他人にイライラすることはなく、他人に対して「キレる」ことはありませんでした。

初めて他人に対してキレた、のは恥ずかしながらわが子に対してです。
「1分で終わることを15分くらいかけてまだ終わらない」とか「何度も言っていてわかっているはずなのにやらない」とかでイライラしています。イライラしてもしょうがないのに、イライラしてもしょうがないとわかっているのに、してしまっているのです。

イライラをコントロールする。

イライラするのは感情がある人間なので自然なことで、それ自体はいいも悪いもありません。大切なのはそれをどう発散させて自分がストレス過多にならないように予防するか、ということです。イライラしている、なんか気持ちが晴れない、と思ったらまず腹式呼吸をしたり、客観的に自分を観察するモードに切り替えたりその場でできることをしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

takako このユーザーの他の記事を見る

結婚8年目、一年半の不妊治療を経て長男
その後2年ごとに次男、三男を出産。
本とドラマとCMが好きな高齢おかあちゃんです。

得意ジャンル
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス