ラーメンのトッピングでお馴染みの「味付け卵(玉子)」を…

たった“1個だけ”作る!

というライフハック。これが、一人暮らしの方必見!かなり使える裏技だったので紹介したいと思います。

ラーメンや丼ものに添えるのに、1個だけ「味付け卵」が必要という時がありますが、1個だけの為に、時間をかけるのは誰だって面倒ですよね。だからこそ、お店でついついトッピングしちゃうわけですが、今回紹介するライフハックは、そんな面倒な作業をせず、たった1個だけ「味付け卵」を作る事が出来る…究極の裏技。これは覚えておいて損はありませんよ!

なお、使用するのは、どこにでもある

サランラップ

と…

キッチンペーパー!

あとは

■ゆで卵 1個
■麺つゆ 適量

コチラの2種類の材料となっています。(※キッチンペーパーがない場合は、ティッシュペーパーでも代用可能)

☆驚くほど簡単!味付け卵の作り方☆

まず、用意したキッチンペーパーをハサミを使って…

卵を包めるほどの大きさにカットします。

大体、1/4の大きさにカットするのがベストだそうですが、キッチンペーパーによってはサイズが違うので、15cm×15cmほどを目安にカットして下さいね。

次にカットしたキッチンペーパーを皿の上に置き

ゆで卵を包んでいきます。

【注意】包み切れていない場所があると、そこが、白くなってしまいます。ですので、しっかりと包み込んで下さい。(手を離すと、キッチンペーパーが開いてしまいますが、問題はありません。)

続いて、皿の上にサランラップを乗せ

キッチンペーパーで包んだゆで卵を置き

そこに「麵つゆ」をまんべんなくかけていきます。

キッチンペーパーが大きすぎると、麵つゆが大量に必要となってきます。極力、ピッタリと包める位の大きさのキッチンペーパーを用意して下さいね。

あとは、サランラップでゆで卵を包み込み

しっかりと絞ったら

冷蔵庫で6時間放置!

サランラップから取り出せば、味付け卵の完成です!

漬ける時間によって、味の濃さも調節できる…お一人様専用の味玉。では、動画にて今一度、制作工程をご覧下さい!

出典 YouTube

お弁当にもオススメ!

6時間の漬け込み時間が必要となってきますが、作る手順は超簡単な…この「味付け卵」。ちなみに、急いでいる時は“ゆで卵に爪楊枝で穴を数箇所あける(黄身まで)”と、6時間置かなくても漬かるとのことなので、お弁当にもオススメの「1個だけ味付け卵」。是非、生活にお役立て下さい!

便利ライフハック。コチラも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス