病気に対して、前向きで、

挫けなくてえらいね。

と言って頂いたのですが、

私は、でも、

前向きで治ったなら褒められるかもしれないけれど、

まだ何の結果も出せてないからなー。

と、答えていました。

病気に対してもそんなふうに、

自分に結果を求めていたことに気付きました。

望む結果が得られていなければ、

意味がないのか?


言葉にしたら、NO!って分かるのに、

そんな思考になってしまっていた自分に、

がっかりしました。


「治癒」という結果がでていなくても、

今、前向きである自分は、褒めてあげようと思いました。

結果が出てからしか、

自分のことを認められないのは、

悲しいですものね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス