記事提供:子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法

泣かれたら困る場所で愚図った子どもを泣き止ませる方法

の続編です!

あ、ツイッターでもつぶやいたのですが、パペットちゃん方法、児童養護施設勤務の妹も子どもたちにやってるそうで、あれ効果あるよね♡と連絡もらいました。

我が家以外にも成功例があったようで嬉しかったです♡

さて、今回ご紹介する方法は特に電車やバスの中で私はよくやります。

状況は前回同様。

あぁ万策尽きた…!!

な時に編み出した苦肉の策。

でも万策尽きた!そんな時でもみなさんのお財布の中に1枚はありますよね?

…。いらないレシート♡

これを破りまして、ビリビリビリと。

ウサギや、

車、

↑これだけでも喜んでくれるけど、

↓もう一手間加えるとより車っぽくなります♡

バス、

に変身させちゃうわけです。

これは作ってる過程の段階で「え?なになに?」と瞬時に子どもの興味を引けるのが良いところ。

「さーて、何ができるかなー!」と目の前でビリビリやぶくとピタっと子ども泣き止みます。

そしてその後はしばらくそれで遊んでくれるので機嫌を直してくれる時間を引き伸ばせたり♡

そのまま破って作っても喜ぶけれど、二つ折りにして破り、開いてみたら、あら不思議ー♡なものも、子どもはテンション上がると思います。

「これ何だろうねぇ~」「お魚かな?」

開いてびっくり。

「あ!ちょーちょだー♡」とか。

↑同じ感じでリボンも出来ます。

「なんだろうこれ~お月さまかなー?」

開いてびっくり。

「あー!アンパンマーン♡」とか。

難しく作り込む必要はなくて、丸とか三角とかでも無問題。

なんだろ何だろう~♡

何が出来るんだろうー??

って、ただ子どもと一緒にワクワクすることが子どもの興味を引きつけられるコツだと思うし、ひたすらビリビリしてるだけでも楽しいのでオススメです。

言わずもがな、出たゴミはちゃんと持ち帰りましょう♡

今回の方法も目の前にある何の変哲も無いものが違うものに変身する様子を子どもに見せることで、子どもの「つまらない」「飽きた」そんな気持ちからくるグズグズをワクワクにひっくり返せる!!というものです。

折り紙もないし、粘土もない。

でもお財布にレシートあったじゃん!!

ってな感じで思い付いた苦肉の策part2でした。笑

おまけ!

ちょっとひと手間加えた車の作り方。

2つに折る~。

こう破く~「あれ?靴かな?」。

次にこう破くー。

「靴にタンコブできた~なんだろ~」

ここらへんの適当なとこで折るー。

ここ破くー。

ぱっ!あら不思議♡

レシートは家計簿付けてるからどうしてもやぶけない!!って方は、ちょっとふにゃふにゃするけどポケットティッシュでも作れますよー♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス