お金の価値ってなんだろう??

個人的にそんな事を考えてしまった、あるツイートが話題です。

■それは、ある漫画家さんのツイート

まんがタイムきららで「〆切ごはん」を連載中の湖西晶さん

出典 https://www.amazon.co.jp

漫画誌「まんがタイムきらら」で連載を持ち、二児の母親でもある湖西晶さん。そんな彼女が衝撃のあまりにツイッターに投稿したある写真。

何も知らずに見れば、膝から崩れ落ちるレベルのその写真が話題なんです。

▽そのツイートというのがこちら

(※湖西さんにご許可をいただき紹介させていただいています)

息子さんに見せられた、彼が「宝物」という細切りにされた紙のようなもの。その正体が「1万円札」と知るやいなや、驚きおののく湖西さん。そりゃあそんな反応になりますよね…

でも、このシュレッダーされた1万円札には”ある真実”が隠されていたんです。

■その真実とは…

実は造幣局のお土産

えっ?造幣局のお土産??造幣局って、あのお金を作る所??

▽あらためて、造幣局とは…

出典 http://momoyorozu.cocolog-nifty.com

独立行政法人造幣局(ぞうへいきょく)は、硬貨の製造、勲章・褒章及び金属工芸品等の製造、地金・鉱物の分析及び試験、貴金属地金の精製、貴金属製品の品位証明(ホールマーク)などの事業を行う日本の行政執行法人である独立行政法人である。

出典 https://ja.wikipedia.org

お金だけを作る所かと思いきや、勲章や褒章の製造から様々な鉱物の分析などをふくめ、色々なことをやっているんですね。

そんな造幣局に見学に行くと、お土産に貰えるのが「シュレッダーにかけられた1万円札」らしいんです。

■実際、同じようなものを持っている方がたくさん

こんな風に袋に入れて配られている

ちゃんと説明書きもあるんですね。

2万円分!ほんと、なんだか悲しい気持ちに…

それにしても、造幣局だからって1万円札をシュレッダーにかけてお土産って…。なんだかお金に対する価値観が良くわからないことになりそうです。

それにしても、なんでこんなお土産を持たせているのでしょう…?

▽その答えは…古い紙幣の処分にあった

なるほど。定期的に新品と交換する際に発生した処分対象のお札を、お土産という形で再利用しているわけですね。

■他にもこんなお土産も買えるみたい

▽ボールペン

ボールペンの中にシュレッダーされた1万円札…。誰だこんなヒドい(褒め言葉)商品を考えたのは!

▽タオル

ちょっと欲しいかも…

▽チョコもなんだかすごい

日本銀行と書かれた高級そうな箱に入っているのは、各勲章モチーフのチョコレート。これは貰ったら嬉しいかも。

▽自販機で売ってるみたい

お金を入れて、お金をモチーフとしたおみやげを買う。なんだかよくわからない気分に。

■知れば納得ですが…

造幣局見学のお土産としてはわかる気がしますし、欲しいか欲しくないかと聞かれたら間違いなく欲しいと答えると思います。

それでもなんだか、本物の1万円札だったものをこんな風に見ると「お金の価値」がよくわからなってくる…。そんな気がしてしまった筆者でした。



…でもやっぱり欲しいかも。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス