昨今、さまざまなところで目に耳にする「自動運転技術」という言葉。まだ広く一般に浸透しているわけではないことから、多くの人は「未来の技術」と考えているでしょう。

しかし、未来は未来でも、自動運転社会が実現する未来というのは、今後10年の間なのです。そう、まさに「そう遠くない未来」なんですね。

出典 http://lo.ameba.jp

さて、話は変わって、ここに1頭のティラノサウルスがいます。

このティラノサウルスは、現代を生きる恐竜。喋ることもできるので、インタビューにだって答えちゃいます。

出典 http://lo.ameba.jp

では、そんな恐竜が何を喋っているのかというと…。

「世界の王様」から「世間の笑われ者」になった恐竜

出典 http://lo.ameba.jp

かつてティラノサウルスは、この世界の「王様」でした。

ひとたび外に足を踏み出せば人々を恐怖させ、みなが逃げる。彼(ティラノサウルス)自身も、自分が王様のように振る舞える世界がずっと続くと信じていました。

でも、ある日…。

出典 http://lo.ameba.jp

YouTubeに、ベッドメイキングができない自分の動画が投稿されてしまったのです…。

手の短い彼は、うまく布団やシーツを掴むことができず、その少し滑稽ともいえる光景が何者かによって流出させられ、動画は2日間で実に2500万再生。彼は、世間の笑い者になってしまいます。

出典 http://lo.ameba.jp

あれだけ威張っていた駅のホームでも、この通り。誰もビビッていません。

出典 http://lo.ameba.jp

彼はそんな状況に落ち込み、ベッドから抜け出せない状態に…。

でも、そんなある日、彼は出会ったのです。

出典 http://lo.ameba.jp

Audiの自動運転車に。

彼の心を埋めてくれた自動運転技術

出典 http://lo.ameba.jp

そうして彼は、自動運転技術を使って道へと飛び出しました。

出典 http://lo.ameba.jp

ベッドメイキングもできないほど手が短くても、自動運転車ならばクルマで外に飛び出せる。

出典 http://lo.ameba.jp

この体験を彼は「ファンタジー」と表現し、傷ついた自分の心を「埋めてくれた」と話します。

と、この動画はあくまでも恐竜を使ったまさに“ファンタジー”なのですが、自動運転社会が非常に近い未来まで迫っているのは実際のこと。もう、ファンタジーではありません。

すっかり内気になっていたティラノサウルスが夕暮れの太陽に照らされながら笑ったように、自動運転技術というものは、現在移動手段を持たない何千万もの人々が気軽に移動できる社会を実現し、そのような人たちに見たことのない景色を提供してくれるものとなります。

その点を踏まえて、もう一度、車中から見える夕陽に喜ぶティラノサウルスを見てみましょう。

この自動運転技術の象徴的なシーンを見ていると、なんだかドキドキしてきませんか?

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス