実は同性愛が少なくないといわれるペンギン。以前もドイツの動物園で、オス同士のペンギンカップルのニュースをご紹介しました。

今回も、ドイツのブレーメンにあるブレーマーハーフェン動物園のオスのペンギンカップルのお話です。このフンボルトペンギンカップルは今年でめでたく結婚10周年を迎えたそう。彼らの愛は山よりも高く岩よりも硬く、そしてどんな嵐が来てもビクともしないほど頑強なのだとか。

10年目を迎えてもまだまだラブラブな二匹

Pinned from metro.co.uk

ドッティーとジーは、園で出会ってからすぐカップルになりました。夫婦仲が良いことでも知られるペンギンなので、飼育員もこのカップルがすぐに子作りに励むだろうと思っていたそう。

そして案の定、毎年、熱心にドッティーとジーは巣作りに励んでいました。ところが一向に赤ちゃんが授からず、2005年に飼育員が二羽のDNA検査をしたところオス同士のカップルだということが判明したのです。

園内には3組のゲイカップルがいる

Licensed by gettyimages ®

ペンギンの同性愛は珍しくはないということで、この動物園にも3組のゲイカップルがいるのだそう。ただ、フンボルトペンギンは現在絶滅の危機が懸念されており、地球上に2000羽しか存在していないと言われています。

動物園側はなんとしてでもその危機を逃れたい…そう思い、わざわざスウェーデンから6羽のメスのペンギンを呼んでドッティとジーにお見合いをさせたのですが、二羽はメスのペンギンにはまるで興味を示さなかったそう。むしろ、ドッティとジーの固く結ばれた絆を思い知らされたのだとか。

ドッティとジーは子供を欲しがっていた

Licensed by gettyimages ®

子供を授かることのないドッティとジーは、毎年諦めることなく巣作りに精を出していたのだそう。そして2009年に二羽に転機が訪れました。園内のある母親ペンギンが、産んだ卵を温めるのを拒否してしまったのです。

育児放棄してしまった母親ペンギンの卵をチャンスとばかりにドッティとジーに与えた飼育員。案の定、二羽は自分たちの子供のように責任を持って温め育て始めたと言います。そしてヒナが孵ると、二羽の父親ペンギンは子育てを上手く分担して餌を与えたり世話することをシェアし合っていたそう。

ゲイカップルも子育てをちゃんとできた!

Licensed by gettyimages ®

動物園側としては、やはりフンボルトペンギンの繁殖に力を入れたいところでしょう。ゲイカップルが増えてしまうと、絶滅の危機に瀕してしまう可能性が高くなります。ところが、ドッティとジーのゲイカップルは人間の不安をいい意味で裏切り、ちゃんと二羽で子育てしました。

これからも繁殖が上手くいきますように!

Licensed by gettyimages ®

絶滅の危機に瀕している動物を保護することはとても大変なこと。繁殖は自然の力もあるために、100%コントロールできるというものではありません。動物園の飼育員たちの懸命なケアがあってこそ、繁殖に成功することができるのでしょう。

このほど10周年を迎えたこのドッティとジーには、いつまでも仲良く長生きしてほしいと思う一方で、できるだけフンボルトペンギンには絶滅の危機を免れてほしいと願うばかりです。

ペンギンに関する記事です。こちらも併せてどうぞ

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス