記事提供:日刊大衆

女優の土屋太鳳(21)が、俳優の野村将希(63)の次男で、同じく俳優の野村祐希(22)と幼なじみであることをブログで明かし、話題になりました。

土屋は『オールスター感謝祭'16』(TBS系)で共演した野村との写真を掲載し、「よく小さい頃から男子とサッカーしたり野球したり喧嘩したりして遊んでた」「その中の一人が、この祐希です」と紹介。

土屋いわく、野村との関係は「男同士の友情(笑)」だとか。このカミングアウトにSNS上では「最近見た恋愛ドラマよりもドキドキした~」という声も上がっています。

実は、彼女たち以外にも、芸能界には幼なじみ同士がけっこういるんです。

モデルで女優の菜々緒(28)と、モデルでタレントの佐藤かよ(27)は、幼稚園時代の幼なじみです。当時、佐藤はセーラームーンが大好きな男の子で、菜々緒と二人でおままごとをして遊んでいたそうです。

小学校5年のときに佐藤の転校により離れ離れになりましたが、お互いにモデルとなって再会。

当時、事務所の社長にも性別を女性だと偽っていたという佐藤ですが、菜々緒の支えによってカミングアウトする勇気を持ったとか。二人は言いたいことを言い合える大親友なようです。

女優の杏(30)と俳優の三浦貴大(30)も幼なじみです。杏の父親、渡辺謙(57)と三浦の父親、三浦友和(64)の仲が良く、子供の頃から家族ぐるみのつきあいをしていました。

2012年には杏と貴大は、ドラマ『キルトの家』(NHK)で夫婦役として共演します。空き時間には、セリフの練習も一緒にするなど、杏いわく、「幼なじみなので安心してできた」そうです。

小泉孝太郎(38)と上地雄輔(37)は同じ横須賀出身です。上地の父親は横須賀市の市議会議員で、子どもの頃、小泉と選挙事務所で出会い意気投合したそうです。

お互いの家へ泊まりにいったり、一緒にスイミングスクールに通ったりと仲が良く、小泉が俳優になるとき「実は俺も芸能界に入ろうと思うんだけど、どう思う?」と上地に相談したのだとか。

一方の上地は、小泉のことを「ガキの頃からの家族みたいな人」「お兄ちゃん」と慕っています。

幼少期をともに過ごし、同じ芸能界という場所にいる幼なじみたち。生き馬の目を抜く芸能界ですが、心を許せる相手がいると思えば心強いことでしょう。

時には競い合い、励まし合い、成長していく幼なじみ芸能人たちの、これからの活躍も楽しみです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス