日本は、他国から伝えられてきたものをオリジナルに変化させることでその高度性を生み出し、日本の歴史と相まって「わびさび」となり、奥ゆかしさを伝えてきました。例えば生け花やお茶、着物などは中国から伝わったものですが、これらは日本の伝統を示す象徴としても知られています。

しかし、日本発となった文化ももちろんあります。それは「KAWAII」文化。筆者の周りで日本好きの外国人からよく聞く言葉が「日本は一つ一つの製品がかわいい。丁寧。」ということ。「KAWAII」という言葉が文化として定着するようになって久しい日本ですが、そんな「KAWAII」と昔からの日本の「おもてなし」の心が一つになった商品は、日本人だけでなく外国人の心もときめかせるようです。

外国人へのギフトにもぴったりな「花色鉛筆」

出典 https://www.youtube.com

このほど、クラウドファンディングサイト「TRINUS(トリナス)」に登場したのが、日本の自然を愛する気持ちを閉じ込めた「花色鉛筆」。宣伝動画によると、日本の伝統的な5本の花の色と形を持つ色鉛筆となっている様子。

日本人に馴染み深い5つの花

出典 https://www.youtube.com

薄く儚げなピンクの「桜(さくら)」、ハッと目を引く赤の「紅梅(こうばい)」、鮮やかで元気が出る黄色の「蒲公英(たんぽぽ)」、美しい新緑を思わせる「常磐(ときわ)」、古典を感じさせる「桔梗(ききょう)」と、どれも日本人にとっては馴染みの深い花ばかり。

特に桜は海外でもとっても人気で、お花見大好きという外国人も多く存在しているほど。この5色の色鉛筆は、お手軽でお手頃な値段と言うことで外国の方へのギフトにも是非お勧めしたいセットです。

細かな製法が日本の丁寧さ、奥ゆかしさを感じさせる

出典 https://www.youtube.com

言ってしまえば、たかが色鉛筆。それをこんな風にオリジナルに溢れさせる技法はやはり日本ならでは、と言えるのではないでしょうか。細かなデザインが日本の丁寧さや奥ゆかしさを表現しています。

芯は国産の上質なものを、そして軸部分はリサイクル古紙を原料にした環境に優しい素材を使っているそう。

削りかすが花びらになる!

出典 https://www.youtube.com

パッと見ただけでも可愛い5本の色鉛筆ですが、削るとこんな風に花びらの形に変わるというのがこのアイテムのイチオシなところ。ピンクの色鉛筆からは削りかすが桜の花びらになって出てきます。削るたびになんだかワクワクしそうですね。お子さんと一緒に楽しめるところもおススメです。

こういうところが「日本らしい…」と感じてしまう

出典 https://www.youtube.com

日本の素晴らしい商品の数々は、どれも「繊細」という言葉がぴったり当てはまる気がします。外国のように何でも「主張」するのではなく、謙虚さを含んだ繊細なもの全てがとっても美しい日本。

それはこうした商品だけでなく、日本庭園などのあらゆる風景の中にも表れているのではないでしょうか。

現在、予約販売受付中

出典 https://www.youtube.com

「TRINUS」のホームページにて、現在予約販売中の「花色鉛筆」はカードとセットでもお申込みができるようです。ちゃんと滑り止めもついていて、持ちにくそうな外観を覆してくれるほど使い心地が良いというのが特徴だそう。

使って、削って、心が楽しくなるだけでなく、癒される気分にもなる花色鉛筆。気になる方はホームページを是非ご覧ください。

色鉛筆は5本セットで箱入り1,800円(税抜き)。日本製なので質の高さは保証済みです!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス