記事提供:favclip

出典 https://twitter.com

11月2日に行われたメジャーリーグの第112回ワールドシリーズ第7戦でインディアンスを下し、1908年以来108年ぶりとなるワールドシリーズ制覇を成し遂げたカブス。

優勝が決まった大一番のひとつ前に行われた第6戦の球場で、大のカブスファンとして知られる俳優ビル・マーレイが、ある“サプライズ”を行いました。

見ず知らずのカブスファンをプレミアシートに招待!

映画『ゴーストバスターズ』などでお馴染みの有名俳優、ビル・マーレイ。そんな彼から嬉しいサプライズを受けたのは、彼と同じくカブスファンの女性・ミシェルさん。彼女は球場でチケットを購入しようとするも、入手することができませんでした。

試合観戦を諦めかけていたとき、たまたま球場に来ていたビル・マーレイを見つけたミシェルさん。彼女は、興味本意で彼の後を追いかけます。

すると、そんな彼女の状況を知っていたのか、突然ビル・マーレイが振り返り、「このチケットをあげるよ」と彼女にチケットをプレゼントしたというのです。

そして彼に「ついて来なさい」と言われ、彼女がその言葉に従うと、彼は自分の隣の席を指差して「ここに座りなさい」と一言。そこはなんと、プレミアシートでした!

ただチケットをプレゼントされただけではなく、その座席がホームベースの真後に位置する球場内でも随一のいい席であるプレミアシートだったという二重のサプライズに、ミシェルさんは大興奮。

試合もカブスが9対3で見事勝利し、ワールドシリーズ制覇に望みを繋げる試合となりました。

ミシェルさんは、「人生に一度起こるか起こらないかのような貴重な経験ができたわ。彼と野球の話で意気投合できて、とても嬉しかった!」と、ビル・マーレイがプレゼントしてくれた夢のような体験に大喜びするコメントをしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス