11月6日に行われた“働く”と“子育て”のこれからを考える体験型イベント「WORKO!2016」が行われ、オリエンタルラジオの中田敦彦さんが「子育てと仕事」について語りました。

「WORKO!2016」は、株式会社朝日新聞社が発足した『「WORK」(働く)と「KO(子育て)」という大切な2つのこれからを考えるプロジェクト』の第一弾イベント。子育てと仕事の両立や待機児童問題、育児の悩み、夫婦のすれ違いなどについて、一緒に考え、学び、解決のヒントを見つけようというもの。

中田さんは「30代パパは家で職場で闘っています!」と題したセミナーを開催しました。

自分は家族のために休みもなく頑張っていると思っていた

芸人という仕事柄、ずっと休みは年に2、3日しかなかったという中田さん。育児が始まってもそのままのスケジュールを続けていて、奥様から悲鳴が上がるまでそれがダメだと気がつかなかったのだそう。

僕は、家族のために外でバリバリ働くということが夫の最大の務めだと思っていたんです。家にはあまりいられないかもしれないけど、そうやって収入を増やすことが家族のために一番だし、嫁も暮らしやすいだろうって。そしてこの考え方って、男性からすると結構納得感があるんですよ。

出典 http://column.mamastar.jp

女性からすると「えっ?」て思うかもしれないけど、こういう風に考える男性は多いと思いますよ。僕の場合でいえば、家族の生活を支えるために仕事を長時間頑張り!、先輩に飲みに誘われても断って家に直帰し!、女遊びもしないし、趣味に費やす時間もほとんど削っているんですよ!

僕は家族のために本当に頑張っていると、もう夫として全うしていると思ってました。他に何が出来るんだろうって。でも嫁からしたら、「その仕事を減らしてくれ」っていうことだったんですよね。そこには考えが及ばなかったです。

出典 http://column.mamastar.jp

今はなんとか休みを月に5、6日にしたそうですが、イベントでは「これが本当に大変でした」と告白しました。休みを取ろうと試みたものの、仕事関係でギクシャクするからと躊躇してしまいなかなか実現しなかったと言います。自ら休みを希望した事を「何様だよ」「もうそんな身分なんだ?」とも言われました。

しかし、番組で共演した同世代のSHELLYさんから「一般の男性だって意識格差と闘っている。子育て世代の中で、発信力のある立場にいるんだから発信していかなくちゃダメ」」と背中を押されたそうで「ここは戦わなくては。『空気』を読まずに『時代』を読もう」」と気持ちが切り替わったのだそうです。

求められていたのはイベントではなく日々の積み重ね

しかし最初の頃は、夫婦間での求めている事が違っていた為、どんなに頑張っても奥様の満足度が上がらなかったのだとか。例えば、週に2日休みが取れたから家族旅行に行こうと考える中田さん。

「でも奥さんが本当にやって欲しい事は、地味な事なんです。地道なものを2人で半分ずつ分け合う作業ができる方がいいんです」

嫁が抱えている一番の問題は「孤独」だったんです。子どもの世話をすべて一人でして、それを誰にも見てもらえず、ちょっとしたトラブルがあって何か話したくても僕がいない。心の中にずっと寂しさがあったんです。子どもと1対1でずっと向き合っているのって孤独なんだな、と気づきました。

出典 http://column.mamastar.jp

それまで妻は、託児所、ママ友、岩手に住む母親と、いろんな人の手を借りて子育てと仕事をしていました。安心して頼れる受け入れ先があるわけだし、僕がお金を稼げば託児所だってより利用できるわけで、妻はラクになると信じて疑ったことがありませんでした。でも妻が求めているのはそこじゃなかった。

社会でも実母でもなく、目の前にいる夫に力になってほしかったのですね。

出典 http://dual.nikkei.co.jp

それからというもの「週2の休みを取るより、毎日平均して時間があるほうがいい」との考えにシフトチェンジ。できるだけデイリーの仕事を減らす努力をしているのだそうです。

旦那は育成型のロボット

それに気がついても「旦那さんは『何かしたい、でも何をしていいか分からない』なんて事が結構ある」という中田さん。

「奥さんは、でっかいコマンドを入れてあげればいいんです。コマンドさえ入れれば、何をすればいいのかわかるからめちゃめちゃ動く。僕も『掃除大臣に任命します』って言われてから頑張るようになりました」


最初は1〜2つのコマンドで、それだと役に立たないと感じるででしょうが、そこが目をつぶって欲しいとの事。

「旦那さんは『育成型のロボット』だと思って下さい。最初から完成していると思うと『なんだこのポンコツ』と思いますが、そのまま3カ月生活すれば、それが日常になるんです。少しずつ育成すれば、最高のロボが出来上がるんです」と語りかけました。

旦那は家ではいつも研修生

セミナーの最後には「理想のイクメン像」を聞かれた中田さんは、「僕が常に心がけていることは『旦那は家ではいつも研修生』ということ」とコメント。「研修生はやるって選択肢しかないし、やったらやったで怒られる」

でも、仕事場でどれだけ大きく責任ある仕事を任されていても、沢山の部下がいるとしても、家での仕事は、仕事量も情報量も圧倒的に多い奥さんの方が、何でも出来るのは当たり前。

「だから奥さん方には、旦那は研修生だからと思って教えてあげてほしいですし、旦那さんも謙虚に研修生として一緒に頑張っていきましょう」と会場に語りかけました。

時代はまだまだ、家庭や育児の優先順位を上げるには難しい場面も多いと感じます。しかし時代の変化と共に、その考えが変化しつつあるのも事実。中田さんの様な子育てが、日本でも当たり前に選択できる様な日が来る事で、誰もが安心して子育てができる社会になってゆけるといいですね。

こちらの記事もオススメです。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス