記事提供:Techinsight

出典 https://www.instagram.com

小学1・2年生100人を前にネタを披露したら、どう受け止められるのか?バラエティ番組『ロンハー』で“現在ブレイク中の人気芸人vs一時代を築いたチョイふる芸人”総勢8組がネタを競い合った。

その結果、子どもたちは先輩芸人も目からウロコとなるような興味深い反応を見せたのであった。

11月4日放送の『金曜ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)は“子供に大ウケ‐1グランプリ”と題して「ブレイク芸人軍」のトレンディエンジェル、永野、メイプル超合金、出川哲朗に対し「チョイふる芸人軍」のレイザーラモンHG、とにかく明るい安村、スギちゃん、小島よしおがそれぞれのネタを競い合った。

「観客」は子どもだけにシンプルなネタがウケやすいことは想像がつく。その点で一発ギャグのあるHG、永野、安村、スギちゃんそして小島よしおが有利に思われた。

一番手となったトレンディエンジェルからは斎藤司が「子どもはカレーとハンバーグとおハゲが大好き」と自信満々で、ネタも「キスがしてみたい」と好奇心をくすぐったり「ポケモン」の話題で子どもの関心を引く。

なにより「斎藤さんだぞっ」と「ペッペッペー!」などのネタは子どもたちの間にも浸透していて大ウケだった。結果トレンディエンジェルのネタを「面白かった」と判断したのは100人中92人といきなりの高得点を叩き出した。

その後もレイザーラモンHGは「子どもはお尻が好きなので腰ふり芸がウケるはず」と81人に支持されるなど「子どもウケ」という考えが頭から離れない。

そんななかメイプル超合金の順番が回ってきた。コメンテーターの後藤輝基(フットボールアワー)は「メイプルは“しゃべり”(が売り)だから(子ども相手は)かなり不利では」と懸念した。

トレンディエンジェルも漫才だが「斎藤さんだぞっ」「ペッペッペー!」に加え子どもウケするネタで笑いをとっている。

ところがカズレーザーは「(子どもには)全く寄せてないですね!」と明るく言い切り「ハートだけは強く持って、やり切ろうと思う」というではないか。

メイプル超合金が登場すると少なからず歓声は起きたものの、カズレーザーが繰り出す「レッドブルで頭洗ったらこんな色になった」など“子どもに寄せないネタ”にポカンとする顔が目立ち始めた。

「犬を飼ってることを自治体に届けると支給金がもらえる。これは区役所に働く友達から本当に聞いた作り話!」という内容や、彼が「コンビニに行くけどなんかいる?」と舞台裏に消えていくのを安藤なつが「漫才中だぞ、行くんじゃねえよ!」と怒ったりメイプルらしい掛け合いが続く。

「おい見ろよっ、壁の裏にお札(ふだ)いっぱい貼ってあるぞ」の意味が子どもたちに分かるだろうか。

「僕がまだ駆け出しのプリキュアだったころは上下関係があった」と子どもが知っていそうなキャラクター名も飛び出したものの笑いにはつながらず、鉄板の「ここ、Wi‐Fi飛んでるな!」「見えんのかい!?」も不発に終わり、締めの「手応えあり!」「ブパパブパパブパパー」でさえほとんどウケなかった。

ところが他の芸人たちは子どもたちの様子を真剣に分析していた。大笑いはしないがくすっとした笑顔は少なくない。

カズレーザーはネタを終えて「途中で、水を打ったような静けさがありましたね」と苦笑していたが、判定は「面白かった」が73人でまずまずの結果だ。

どこが面白かったかを問われ「2人で怒りあっていたところ」と答えた女子に「ちゃんと話の内容も理解できて面白かった?」と確認すると「はい」とうなずく。

それを聞いてフット後藤は「漫才の概念そのものを褒めた」と唸った。男子も「どっか行くところが面白かった」と話しており、カズレーザーがコンビニに行くと消える場面もちゃんとウケていたのだ。

ちなみに永野は子どもウケを狙った「くまさん」コールで大盛り上がりとなったが42人にしか支持されず、他の芸人たちも「盛り上がって楽しいのと面白いのは違うんだ」と学んだようだ。

とにかく明るい安村は知名度と「運動会」「遠足」「卒業式」など学校ネタがウケて88人だったが、『イッテQ』で人気の出川哲朗でさえ「鼻ザリガニ」で大ウケしながら78人どまりとなる。この時も芸人たちは「楽しいのと面白いは違う」と考え込んだ。

総合でブレイク芸人軍“285点”、チョイふる芸人軍“304点”となり、「チョイふる芸人も力を持っている」という評価が下され「業界の方は偏見を捨て、この結果を参考に」と呼びかけて番組は終わった。

実はそれ以上に、“子どもと言えど漫才の面白さは理解しており、一発ギャグばかりの同じパターンでは心から笑えない”と知ることができた貴重な内容だったのではないか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス