アメリカ、ノースカロライナ州マシューズを拠点に、生活に役立つ情報を発信しているYoutubeチャンネル“DoItOnaDime”が紹介していた…

キッチンペーパーで作る「ウェットワイパー」の作り方!

これが、簡単、手軽、低コスト!日頃の掃除はもちろんのこと、大掃除の際にも、大活躍必至間違いなし!だったので紹介したいと思います。

乾いた布(ワイパー)で拭き取るよりも、圧倒的に汚れを落とす事が出来る「ウェットワイパー」。また、除菌も出来るとあって、利用している方も多いかと思いますが、そんなお掃除には欠かせない「ウェットワイパー」を…

キッチンペーパーを使って自作するという…このライフハック。

是非、大掃除前のこの時期に作り方をマスターし、年末に大活躍させて下さいね!

用意する材料は

キッチンペーパー 1本
■水 350ml
■イソプロピルアルコール(消毒用アルコール)60ml
■食器用洗剤 適量
■密封出来る容器

コチラの5点。ちなみに、イソプロピルアルコールは500ml、約300円程で購入する事が可能となっていますのでご安心ください。

☆キッチンペーパーで作る「ウェットワイパー」の作り方☆

まず、包丁を使って、キッチンペーパーを半分にカットします。

そして、出来るだけ隙間なく、ピッタリと入る密封容器を用意し…

その中に、キッチンペーパーを綺麗に詰め込みます。

次に、用意していた350mlの水の中に

イソプロピルアルコール(消毒用アルコール)を60ml、そして

食器用洗剤を5~6滴垂らし、よく混ぜ合わせます。

動画ではなぜか、包丁で混ぜ合わせていますが(笑)、スプーンを使えば綺麗に混ぜ合わせる事が出来るそうですよ。

続いて、先程、容器に詰めたキッチンペーパーの上に、混ぜ合わせた材料をかけていきます。

なお、キッチンペーパー全体に行き渡るように、ゆっくりと上部から注いでいくのですが、キッチンペーパーが水分を吸い取ってしまい、注いだ直後は↑のような感じになってしまうのだそう。しかし、5分も経てば、全体的に湿るそうなので、水分を注いだ後は、5分程待つように心掛けましょう。

5分間待ち、全体的に湿ったら、芯の部分を掴み、優しく引っ張ります。

すると、こんな感じで綺麗に芯が取れますので、穴の中からキッチンペーパーを1枚掴み

引っぱり出せば、キッチンペーパーで作る

ウェットワイパー

の完成です!

市販のモノと比べても、遜色ない…自家製「ウェットワイパー」。では、動画にて今一度制作工程。ご確認下さい!

出典 YouTube

これは作らずにはいられない!

めちゃくちゃ簡単に作れてしまう「ウェットワイパー」。ちなみに、キッチンペーパーは、厚みのあるモノがベストとのこと。また、密閉容器が大きすぎると乾燥してしまうので、ピッタリの容器を見つけることが、成功の鍵を握るとのことです。

市販品に比べ、かなり安く作る事が出来る…自家製「ウェットワイパー」。是非、生活にお役立て下さい!

生活に役立つライフハック!コチラも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス