愛する人との絆を、特別な形で手元に残しておきたいと思う人は意外に多いのではないでしょうか。過去にこちらで「愛する人の遺灰がダイヤになる」という記事を書かせて頂きました。

今回は「遺灰、髪の毛、胎盤、母乳」など、愛する人のDNAや親子の絆をジュエリーにするアメリカのある会社をご紹介しましょう。

美しい記念品を残してくれる「Sacred Legacy Arts」

米ミシガン州出身のケリー・ハウランドさんは2児の母親であり「Sacred Legacy Arts」の設立者でもあります。現在は2016年の5月から参加した、ケリーさんのユニークなアイデア作品がとても気に入ったというベスさんがアシスタントとなり、二人でビジネス展開しています。

子供との絆を一層深める「母乳」で作るジュエリーが話題

遺灰でダイヤモンドの時代ですから、母乳でジュエリーも何ら不思議ではない時代になりました。母乳を特別な薬品で固めたあと、シルバーやゴールドなどの型にはめていくという手作業をしているケリーさんとベスさん。

指輪もいろんなデザインができ、ネックレスやペンダントのチャームもカスタムメイドできるというのだから嬉しい限り。お値段は80ドル(約8,200円)~400ドル(約41,000円)と幅広いですが、全て丁寧に手作りしてくれるので価値のある記念品になることは間違いなさそう。

筆者が気に入ったのはこちらのシンプルなネックレス。子供との名前を刻むというアイデアも素敵ですよね。

子供との絆を永遠に形に残しておく

母乳をジュエリーにするというアイデアを奇妙に感じる人も中にはいるようで、「子供が生まれて子供自身の存在が絆になるのに、まだそれ以上の何かが欲しいなんて間違っている」という声もあります。

でも、ケリーさんは自分が子育てを経験してきたということもあり、「私自身、母乳で子育てをしてきたことはとても貴重なことだったと思っています。授乳の時間は子供との絆が深まり私自身も癒されました。」と話します。

子供が成長する度に、小さくなったベビー服はクローゼットにしまったり、赤ちゃんの本は誰かにあげたりリサイクルしたりするでしょう。子育てした記憶が時間と共に塗り替えられていくのは自然なこと。そしてどのどれもが良き思い出となることでしょう。

でも愛する子供との絆をこのように形にしていつも手元に置いておくということは、また違った意味で特別で誇らしいことではないでしょうか。

今回は、母乳で作ったジュエリーを中心にご紹介させて頂きましたが、冒頭でも述べたようにケリーさんは髪の毛や遺灰、胎盤などもリクエストがあればオーダーに合わせて作ってくれるそう。

愛する人のDNA、そして子供との絆を残しておきたい人は、公式サイトからカスタムオーダーできます。ケリーさんのアイデアも秀逸ならデザインもとっても美しくてずっと身に着けていたい気持ちになるものばかり。作品はInstagramでも見ることができますので、良ければ下記のリンク先へ。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス