世界最大の家具量販店、IKEA(イケア)

出典 https://www.youtube.com

もう何度も足を運んでいるほど大好きだという人も少なくない「IKEA(イケア)」。スウェーデン発祥のこの世界最大級の家具量販店は、現在、コストやデザインのよさ、質の高さ、そしてアフターケアなどが優れていることから「イケアブランド」が浸透し、世界的に店舗を拡大しています。

日本でも大人気のIKEAでは、2003年以降「Education campaign(教育キャンペーン)」と題して、世界中の貧しい国の子供たちがきちんとした教育を受けられるようにと売り上げの一部を寄付し、アフリカやアジア、ヨーロッパ諸国の子供たちを支援してきました。

IKEAは子供たちを支援しているチャリティ団体「Save the Children」や「UNICEF」とパートナーシップを組んでいます。過去13年間で、このキャンペーンによりIKEAが寄付した額は、日本円で100億円以上にもなると言われています。

この「世界中の子供たちに教育を!」というキャンペーンに、2015年から子供たちにも参加してもらうことにしたIKEAは、子供たちが楽しめる企画を考えました。それは「ぬいぐるみお絵描きコンテスト」というもの。

このキャンペーンに参加するには、まずIKEA FAMILY(イケアファミリー)メンバーであること、12歳までの子供であること、子供自身がオリジナルに創作したイラストであること(大人が手伝ってはいけない)、1回限りの応募であることなどなど条件が揃っていなければいけません。

子供たちが楽しく自由な発想で描くイラスト

出典 https://www.youtube.com

子供の「お絵描き」というのはある意味とっても奥が深いと思う筆者。もうすぐ6歳になる筆者の息子もお絵描きが大好きですが、「へぇ~」「なるほど」と感心させられるユニークなアイデアでもって絵を描いたり工作したりしています。

オリジナル性があるというのはとっても素敵なこと。それは上手・下手を超えた作品の価値と子供たちの才能の混合ではないでしょうか。

2015年以降、数えきれないほどの子供たちが参加してくれている

出典 https://www.youtube.com

各店舗で厳選な審査により選ばれた入賞者の作品は、IKEAスウェーデン本部に送付され、ここで更なる審査が行われます。

世界中のイケアからの代表者作品とあわせ、その中から最終的に10点の受賞作品を決定します。選考委員会は、IKEA of Sweden ABのキッズ製品開発担当者(製品開発者、製品開発エンジニア、プロダクトデザイナー、サプライプランナー、コマーシャルチームの代表者)で構成されます。

出典 https://ikea-drawing.com

最終的に10名を選ぶのは困難な仕事

出典 https://www.youtube.com

それぞれのプロフェッショナルから見て「これだ」と思われた10作品を商品化するには、やはりそのオリジナル性や商品化しても適正かどうかという見極めが必要となってきます。「アフターケア」でも定評のあるIKEAは、たとえぬいぐるみ一つを作る時でも丁寧に、そして真剣に審査・判断します。

商品化が決まればインドネシアの工場へ

出典 https://www.youtube.com

厳選な審査で選ばれた10点のぬいぐるみへの商品化は、エキスパートがいるインドネシアの工場で行われます。

できあがったぬいぐるみの強度ももちろん確認

出典 https://www.youtube.com

子供たちが普段接するぬいぐるみは、強度や素材を考慮することはもちろん必要不可欠。すぐに破れたりしないかどうか、出来上がったぬいぐるみはしっかりと強度テストを行います。

出来上がった商品も審査員はチェック

出典 https://www.youtube.com

子供たちの独創性が詰まった素敵なぬいぐるみが商品化されると、審査員スタッフはちゃんと自分たちの目でその商品を確認します。

子供たちにとって使い心地がいいかどうかを見る

出典 https://www.youtube.com

商品は、子供たちが生み出したデザインにほぼ忠実に製造されています。

商品化されたぬいぐるみは、世界中のIKEAの店舗で販売されることになります。オンラインでも購入可能なんだそう。ぬいぐるみ一つにつき、1ユーロ(約114円)が寄付される仕組みになっています。たった1ユーロですが、世界中でこのぬいぐるみが売れた場合を考えると、その1ユーロは大きな変化をもたらすことになるでしょう。

日本のイケアでもコンテスト応募者募集中!

出典 https://www.youtube.com

イケア・ジャパンでもこのキャンペーンに参加し、コンテストの応募者を募っている様子。受付は11月20日までということで、条件を満たしていて興味がある方は、是非イケア・ジャパンのサイトをご覧ください。

今年選ばれた作品は、2017年の冬に商品化される予定だそうです。海外のIKEAサイトでも「アーティスト募集中!」と謳われているように、お子さんの才能がこれをきっかけに開花するかも知れません。子供たちが楽しみながら創造力・想像力を養うには最高のキャンペーンですね!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス