■肉まんの美味しい季節です

夏が終わったかと思いきや、秋を通り越して冬を感じる毎日です。こう寒くなってくると、コンビニなどで売っている肉まんに手が伸びてしまいますよね。スーパーなどでも、自分で蒸して食べるタイプが並びだしました。

そんな肉まんですが、実は普通に蒸して食べる以外にも美味しい食べ方があるってご存知でしたか?焼いたり、スープに入れたり、色々なアレンジ方法があるんです。

1.焼く

出典 https://twitter.com

中華まんを20倍おいしく食べる方法、それは焼くこと。つまり、すでにふかされた中華まんを、フライパンや鉄板でジューと焼いて「焼きまん」にしてから食べるのです

出典 http://entabe.jp

ポイントは押しながら焼くこと。生地に抱き込まれた空気が抜けて、モッチモチの食感になるようです。また、同じ質量のはずなのに、食べごたえもアップするんですよ。

作り方は簡単!

1.ごま油を引いたフライパンに肉まんを入れて押しつぶしながら焼きます。
 ※サラダ油でもいいですが、ごま油の方が香りがたっていいですよ
2.1cmくらいにするつもりで押しつぶしながら焼きます
3.両面がこんがり焼けたら、完成!

もう、完全にただ焼くだけですね。

▽みんなの声

ワッフルメーカーで焼いた方も。これは楽ちんかも。

確かに、中国風おやきのシャーピンの様な感じですね。

2.スープに入れる

出典 https://twitter.com

ただのズボラ飯のように感じる、肉まんinスープですが、実はこれロシアの郷土料理「ペリメニ」を再現したものなんです。

寒い季節に欠かせない人気料理である「ペリメニ」。小麦粉と卵をぬるま湯で練って作った皮に、挽肉や野菜を包んで茹でる水餃子にも似た料理です。確かに、肉まんで代用がききそうですね。

▽みんなの声

これは簡単!

焼くパターンとの合わせ技も。スープの素を使えば簡単です。

★★★レシピ★★★
<人数:2人分 調理時間:10分>

①鍋に水(600cc)を沸かし、薄切りにした玉ねぎ(1/4個)、千切りにしたショウガ(1片)、薄切りにした人参(5cm)、ウェイパー(中華スープの素、小さじ1と1/2)、八角(1個)を加えて5分煮る。

②チルドの肉まん(2個)は、水(小さじ2)と日本酒(小さじ2)を振りかけ、電子レンジで4分加熱し、あためておく。

③①に豆苗(1/2パック)を加え、サッと火を通したら火を止める。

④深めの器に②の肉まんを入れ、③を上からかけ、半熟ゆで卵を添える。黒胡椒を振ってできあがり。

ちょっと手間をかけると、こんなに本格的な仕上がりにもなりますよ!

3.揚げる

出典 https://twitter.com

そのまま素揚げするパターン。「揚げ肉まん」の専門店もあるくらい人気ですよね。

ただ、肉まんといえばの「井村屋」さんがおすすめするのは…

ピロシキ風の肉まん

出典 https://www.imuraya.co.jp

外はサクサク、中はジューシーな味わいの肉まん。いつもの肉まんを、ピロシキ風に仕上げました!

出典 https://www.imuraya.co.jp

こちらもロシア風のピロシキに。肉まんに卵をつけて、パン粉を付けて、油であげるだけの簡単アレンジです。

▽その作り方は…

出典 https://www.imuraya.co.jp

1.肉まんの敷き紙をとります。生地に敷き紙が残らないように気をつけます
2.表面を、霧吹きなどの少量の水で湿らせ、ラップにゆったりとくるませます
3.4個分準備ができたら、電子レンジで温めます

出典 https://www.imuraya.co.jp

ここまでは、蒸していない肉まんの下準備。

4.油を温めだします(油の温度は180℃)
5.ラップを外した肉まんに卵をつけていきます
6.次にパン粉をつけます
7.あらかじめ180度に温めておいた油で揚げていきます
8.肉まんは温めてあるので、パン粉がきつね色になれば出来上がりでOK

出典 https://www.imuraya.co.jp

これで完成です!焼くだけよりは少し手がかかりますが、これならどうにかなりそうですね。

▽みんなの声

美味しそう!照りが何とも言えません。

なるほど、揚げ餃子ですね。

確かに、カロリーがちょっと気になりますね…。

出典 http://pecolly.jp

アツアツはオススメみたいです。美味しそう!

以上、比較的一般的なアレンジをご紹介してみました。この冬、ふつうの肉まんに飽きた時に試してみてはいかがでしょう?

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス