回転寿司チェーン「くら寿司」で11月4日より新発売となった「牛丼を超えた、『牛丼』」をご存知でしょうか?。「牛丼専門店にも負けないクオリティーで、新たな市場を獲得する」とインパクトあるネーミング、CMが印象的。

牛丼を超えた…

このキャッチフレーズが気になって仕方がない方も多いのではないでしょうか?回転寿司の牛丼って本当に美味しいのか、実際に食べてみました。

まずは、くら寿司の「牛丼」の特徴をご覧ください

出典 YouTube

一般的に牛丼を食べようと思えば、吉野家、松屋、すき家と言った牛丼専門チェーン店に足を運ぶのですが、まさか回転寿司屋に牛丼を食べに行く日が来るなんて想像もしていませんでした。やっぱり、違和感があります。

さて、くら寿司に到着しました!

出典タビザラシ

今日も元気に寿司が回っています。

出典タビザラシ

このくら寿司ては、今年の夏に「シャリコーラ」「シャリカレーパン」を発売した事で話題になったのは記憶に新しい。「シャリカレー」も好評のようですね。それに「シャリカレーうどん」の”新作にしてまさに名作”などキャッチフレーズが心に刺さる。

出典タビザラシ

そして今回の新作は牛丼。しかも牛丼を超えた”と言う。価格は370円。

7種類の魚介だし(マグロ、カツオ、ソウダカツオ、アジ、サバ、カタクチイワシ、ウルメイワシ)を贅沢にを使い、玉ねぎと肉を個別に煮込む独自製法で、国産玉ねぎの甘みや食感を残し、牛肉は柔らかくなるように仕上げられている。こだわり牛肉は、赤みと脂身のバランスが良く「最も牛丼に合う」というアメリカ産のバラ肉を使用、そこに厳選した国産米を使用したと言った内容だとか…やっぱり気になります。

出典タビザラシ

と言う事で、早速「牛丼」を注文してみました。

出典タビザラシ

すると…注文してから3分ほどで注文専用レーンに乗ってピューっとやって来ました。この注文してから出て来るまでのスピードは牛丼専門店を超えている。それほど混み合った時間帯じゃなかったのもあるが、このスピード感には思わず拍手!

出典タビザラシ

寿司屋で牛丼、やっぱり不思議な気分です。

出典タビザラシ

何か違和感を感じていたけど、目の前に牛丼が来ると、その色艶が美しく、見た目から高級感を感じます。7種類の魚介だしなどこだわりをこの時点で感じます。

本当に美味しそうだ!

出典タビザラシ

そして、食べてみると…牛肉は柔らかく、玉ねぎにも味がしっかり浸み込んでる。味は少し甘めです。この甘めと言う部分に評価の個人差は出るかもしれないけど、確かに美味しいぞ。回転寿司屋で牛丼も全然OK。

うん!確かに美味しいです。

牛丼を超えた牛丼なのかは…、それは分かりませんでしたが、この内容で370円は破格なのは感じました。ボリュームもあって、これだけで十分お腹がいっぱいになります。

出典タビザラシ

しかし、目の前を寿司が流れていて、1皿100円とあっては、どうしても手が伸びる…

出典タビザラシ

牛丼以外にお寿司の皿をとってしまったとしても、例えば5皿で押さえると…

出典タビザラシ

ほら、それでも1000円以内です。安いでしょ!!

出典タビザラシ

お腹いっぱいに食べれて、この価格はやっぱり魅力的です。寿司屋で牛丼なんて変と言う固定観念を取ってしまえば、なんら違和感は無くなりますね。だって、この価格でこれだけ美味しく食べれるなんて素晴らしい。

出典タビザラシ

最後に…

一般的に回転寿司で牛丼と聞くと、「それって美味しいの?」と思いがちですが、実際に食べてみて感じたのは全然OK!と言う事。いや…美味しいと思いました。シャリカレーが前評判以上に人気が出たように牛丼も多くの人に愛されそうです。
ただ、私が個人的に感じるのは、牛丼チェーン店で食べる場合は「つゆだく」「生卵」などのオーダー方法が出来るのに対し、ここでは当然ありません。その点は専門店との違いだと思いますが、それにしても今後の回転寿司の方向性には注目ですね。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス