夏の長雨の影響で嘆かれる”野菜価格の高騰”

今年の夏は、首都圏を中心に長雨や大型の台風襲来が相次いだことにより、野菜の価格がこれまでにないほどの高騰を見せています。

特にその影響を如実に受けていると言えるのが、日照時間の影響を受けやすい”葉物野菜”です。

ほうれん草やレタスなど、今までであれば安くて手軽で便利だった野菜たちが軒並み高騰し、例年よりも+100円、+200円という価格設定がされているスーパーも珍しくはありません。

さらに、これからのお鍋シーズンになくてはならない存在である白菜も例年の2倍以上、なんと一玉600円超の値が付けられているといい、家計を担う主婦たちの叫び声が聞こえてきそうなほどです。

家計も、給食も…消費者を苦しめる野菜価格の高騰の打開策

野菜の高騰に嘆いているのは一般家庭にとどまりません。あらかじめ予算が決まっている給食などでは余計にその影響を受けており、献立を変更したり、給食を中止する自治体も出てくるなど、まさしく日本中が悲鳴をあげている状態といっても過言ではなくなってきています。

そんな状況の中で注目を集めているのが、長雨の影響で逆に豊作となり例年よりも安価となっているキノコや、最近では種類豊富に出揃っている冷凍野菜を用いたレシピの数々です。

冷凍野菜の活用法を紹介した「あさイチ」で…

そんな煽りをうけて、家計を助ける裏ワザとして冷凍野菜を用いた料理の特集を放送していた、NHKの朝の情報番組「あさイチ」

旬の安い時期に大量に仕入れて冷凍加工するため安価な上、冷凍技術の発達により生野菜にさほど劣ることなく美味しく食べられるという冷凍野菜。主婦層から絶大な支持を受けている同番組だけに、こういった企画が組まれたのも不思議ではありません。

そんな中、生放送中の同番組宛に一通のFAXが送られてきます…

イノッチも凍りついた、その内容とは…

MCを務める有働由美子アナウンサーが読みあげたそのFAXには、誰もが予想だにしなかったハッとするような事実が記されていたのです…

「私は野菜農家です。天候不順で収量が上がりません。値段は上がっていきますが、ぎりぎりでやっています。こういうときに”野菜は買わないで”という特集をやられて野菜が売れなくなると、生活が立ち行きません
普段より高くて申し訳ありませんが、できれば野菜を買ってください。」

出典「あさイチ」(NHK・2016年11月4日放送)

なんと、このFAXの送り主は誰よりもこの野菜の高騰に嘆いている野菜の生産者だったのです。

消費者目線で”野菜の高騰は困る”という声ばかりが大きく取り沙汰されていますが、実際に一番困っているのは野菜農家に他なりません。

手塩にかけて育ててきたにもかかわらず、たった一度の台風でそのほとんどが台無しになり、さらに運良く収穫できた数少ない野菜を価格を理由に誰も買ってくれないとなれば、生産者としては死活問題にも直結するレベルです。

青天の霹靂とばかりに投げ込まれたこのFAXの内容に、MCを務めるV6の井ノ原快彦さんも言葉を失い呆然といった様子で、一瞬スタジオ中が凍りつく自体になったことは言うまでもありません。

”問題の裏側”もきちんと伝えようとした番組に賞賛の声も

「野菜を買わなくても済む方法」という番組の企画そのものを否定するようなFAXの内容をあえて伝えることを選んだ同番組。

消費者目線で作られた企画でありながら、その奥にある生産者という立場の声も逃げずに伝えたその精神を称える声が多く寄せられました。

番組をぶち壊すかもしれない内容のFAXも躊躇うことなく公表した同番組のジャーナリズム精神には天晴れというしかありません。

我々消費者に求められている”品格”

生産者からの悲痛なコメントを受けて、ハッと気づかされたという視聴者は多く、放送終了後から「やっぱり野菜を買うべきだ」と購買を促すツイートが多く寄せられるようになりました。

もちろん、中には「毎月ただでさえギリギリなのに…」と野菜の高騰に本気で嘆く声も寄せられていますが、全員が安いものに走るのではなく、生活に余裕のある人は少し高いものも買う、身の程に合った購買を心がけることで世の中を円滑に回していくことが、我々消費者に求められている”品格”のように感じますよね。

”食”という我々の生活の根源を陰ながら支えてくれている生産者の人たちに敬意を払うことを忘れずに暮らしていきたい、と考えさせられる事柄でした。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
愛する夫とのんびり妊活中♡
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス