記事提供:favclip

いま、ニューヨークのある地下鉄の駅で、電車待ちの間に通行人たちとゲームを楽しむひとりの男性が注目を集めています。

大切なのは、人と人との繋がりを作ること

その男性の名前は、トーマスさん。写真のように、地下鉄のホームで電車を待っている見ず知らずの人たちと、ボードゲームやお喋りを楽しんでいます。

みんな、初対面同士とは思えないどこかフレンドリーな雰囲気が感じられ、見ているだけで楽しさが伝わってきますね。

このユニークな試みは、「Date While You Wait」(待ち時間の間にデート)と名付けられており、このネーミングについて彼はこう説明します。

「(プロジェクト名に)『デート』ってつけたのは、インパクトを出したかったからなんだ。『デート』って聞くと異性とのロマンスを連想するけど、僕の考える『デート』は、“人と人との繋がり”のこと

そして、この「Date While You Wait」でこれまで行われた“デート”は、数百回にも及ぶとのこと。

そんな彼ですが、実はこのプロジェクト以外にフルタイムの本業があるそうで、毎回仕事のスケジュールの合間を見ながら駅にきているのだとか。

なぜそこまでして、彼は駅のホームで見ず知らずの人たちとゲームをするのでしょうか?

それは、ほとんどの人は電車に乗っていても他の人と何も話さず、何もしない…。そんな光景を見て、彼は「人と人との繋がりが必要だ」と思い立ち、この企画をスタートさせたのだそうです。

「僕の情熱は、人と繋がり、話をすること」と語るトーマスさん。

「ゲームをしたあと笑顔になって去っていく人たちの顔をみるのはすごく楽しいよ」と、「Date While You Wait」がきっかけで生まれた新たな“人と人との繋がり”に手応えを感じているようです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス