記事提供:favclip

ダイエット後のスリムになった状態の写真を“ビフォーアフター”にしてアップするというのは、SNSでよく見られる光景ですよね。

しかし、いまその逆にあたる、「体重が増えた状態の写真」をアップする女性が注目を集めています。

過度なダイエットで悟った、本当の幸せ

話題の写真をアップしているのは、イギリスに住むミーガンさん(23歳)。

彼女がInstagramにアップしているのは、こちらの写真です。

左側が昔で、右側がいまの写真。見比べると、かなり体重が増えていることがわかります。

しかし、なぜ彼女は、普通はあまりアップされない「体重が増えた状態の写真」をわざわざSNSに投稿し続けるのでしょうか…?

下記の写真は、そんな彼女が10月26日に自身のInstagramにアップしたものです。

その投稿には、彼女が「体重が増えた状態の写真」をアップする理由と、関係する過去のある辛い経験が綴られていました。

コメントでは、

かつて私は、1kg体重が増えると人生が終わると思っていました。体重を減らすことは、人生で一番大切なことだと思っていたの。そして、やりすぎなくらい細くなってしまったわ。そうして私は、(神経性無食欲症と呼ばれる摂食障害になり)命を失う手前まで行きました

と切り出し、こう続けます。

そして、『このまま死ぬ』か『体重を増やす』かの選択をすることになり、私は『体重を増やす』ほうを選びました。29kgだった体重は、81kgになりました。その時私は悟ったの。幸せは体重計では計れないということを

さらに、コメントの最後には、「あの時の私は、スリムになることを追い求めるあまり、自分を見失っていました。太ることを恐れないでください」という言葉で、同じ思いを抱え悩んでいる人たちへメッセージを送っています。

こうした辛い経験をもとに彼女は、無理をして他人の求める理想の体型になるのではなく、「ありのままの自分の姿に自信をもってもらいたい」という願いをもち、自ら体重が増えた体をInstagramで公開しているのでした。

この投稿は多くの共感を呼び、約2万4千件の“いいね!”が付いています。また、同アカウントのフォロワー数も30万人に迫る勢いで増えており、多くの人たちから彼女の活動が支持されているのが伺えますね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス