10月スタートのフジテレビ月9ドラマ「カインとアベル」。毎週楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?Hay!Say! JUMPの山田涼介さんが主役を演じ、桐谷健太さんや高嶋政伸さんなど、実力派俳優たちが脇を固めています。

このドラマは旧約聖書『創世記』が原案となっており、“カイン“と”アベル“はアダムとイヴの息子たちの名前です。伝説の神話として知られるこの原作、一体どのようなストーリーとなっているのでしょうか?

あらすじをチェック

兄(桐谷健太)と比べられて劣等感を抱く弟・優(山田涼介))

高田優(たかだゆう /山田涼介さん)は、デベロッパー・高田総合地所株式会社の社員。

優の父・高田貴行(たかだたかゆき/ 高嶋政伸さん)は幼い頃から成績優秀な兄・高田隆一(たかだりゅういち/ 桐谷健太さん)に目をかけ寵愛し、優には無関心。

優は父の愛情に飢えていた。どうにか父に認められたい…。

兄、そして父との葛藤の中で度重なる危機に直面する優が一人の男として、そして一人の人間として変貌を遂げるべく今歩み始める。

「高田総合地所株式会社」の創立50周年記念パーティーが行われている。

しかし、その席に高田優(山田涼介さん)の姿がない。

優は、社長の貴行(高嶋政伸さん)の次男。
優の兄で、副社長の隆一(桐谷健太さん)が探しに行く。

優は、一社員として貴行の会社で働いている。
だが、できる兄の隆一に何かと比較され、他の社員たちからも冷ややかな目で見られる存在だ。

優自身もわかっている。

ひとりの女性との出会いにより、優は少しずつ変わっていく

そんなできない優がアウトレットモール開発のプロジェクトチームの一員に選ばれた。

これも隆一の一声があったから。

素直に受け取れない優が、プロジェクトルームに行くと、パーティーの時に会った女性がいる。

彼女は、矢作梓(倉科カナさん)。

優と同じく高田総合地所の社員だったのだ。

本社に異動してきたばかりだという梓は、チームのメンバーとして消極的な優を励ます。

優は慣れないながらも、大きなプロジェクトに取り組むことになってしまう。

兄、そして父との葛藤の中で度重なる危機に直面する優が一人の男として、そして一人の人間として変貌を遂げるべく今歩み始める…!

すんなり成功とはいかず、苦戦を強いられることに…

アウトレットモールのプロジェクトチームは、次の段階へ。

高田優(山田涼介さん)は、矢作梓(倉科カナさん)と設計の担当になった。

設計を依頼するのは大御所建築家、神谷仁(竜雷太さん)。

団衛(木下ほうかさん)によると、神谷はわがままでクセが強いため、優と梓は苦戦を強いられそう…。

一方、隆一(桐谷健太さん)の表情はこわばっている。

バンコクの事業で組む現地ゼネコンの経営不振が発覚。

貴行(高嶋政伸さん)は事業から手を引くことも考えていいと言うのだが、隆一は乗り切れる見込みがあると、資金繰りを進めることに。

これまでにないくらい必死に仕事に取り組む優

優と梓は、同じ会社の設計部でイメージ図を描いた長谷川守(小林隆さん)と神谷を訪問する。

優があいさつをすると、神谷は意味あり気にうなずく。実は、神谷は優の祖父、宗一郎(平幹二朗さん)に孫の印象を教えてほしいと頼まれていたのだ。

つまり、宗一郎と神谷は旧知の仲。それでも、神谷の厳しさは変わらない。

長谷川のイメージ図をいちべつした神谷は、好きなように設計させてもらうと、3人を帰してしまう。

翌朝、優は隆一より早く出社する姿に貴行は驚く。そして、貴行は隆一に見合いさせようとしている代議士の娘とゴルフに行くと告げる。

隆一は梓のことをハッキリと言い出せずにいた。

数日後、優たちは再び神谷のもとへ。神谷の設計図は確かに立派だが、コストが膨大なものになってしまう。

長谷川の提案で、一度チームに持ち帰るのだが、やはり受け入れられず…。

好意を持っていた人は兄の婚約者だった!

兄の隆一(桐谷健太)と父の貴行(高嶋政伸)から食事に誘われた高田優(山田涼介)。

指定されたレストランに行くと、そこには、矢作梓(倉科カナ)の姿があり、隆一の恋人で近々結婚することを知らされた。

少なからず梓に好意を抱いていた優はショックを受けるが、表情には出さず明るく振る舞う。

そして、幼い頃のエピソードを持ち出し、兄の隆一を褒めあげた。

兄・隆一を社長に推薦することを告げられる

仕事では、優のプロジェクトチームが、団衛(木下ほうか)からアウトレットモール建設のゼネコン選定に入ることを知らされる。

隆一は、バンコクの都市開発参入の危機を乗り越えたことで、役員たちから次期社長就任も早まるのではないかとうわさされていた。

その夜、隆一と優に、貴行が話を切り出す。

貴行はバンコクの件がこのまま軌道に乗ることを条件に、来たる株主総会で隆一を社長に推薦すると告げた。

嬉しさを隠せない隆一に、優も賛同する。

その頃、優のプロジェクトチームにはアウトレット建設地の地元有力者・兵頭光一(イッセー尾形)が来た。

応対に出た優、梓、団に、兵頭は"地元の建設会社を入札に加えてほしい"と言う。

しかし、すでに有力会社の選定を終えているため、優たちはやんわり断った。

ふたりに最大の危機が迫る!

一方、隆一が進めるバンコクの事業には異変が…。

うまく収めたはずの地元企業の債務が新たに発覚。

その額は、莫大なものだった。

同じく、優たちのチームにも危機が迫る。

環境団体の代表が建設計画を全面的に見直すよう求めて来たのだった。

優と隆一、それぞれの仕事に新たな壁が立ちはだかった…。

優と隆一、それぞれに立ちはだかる新たな壁・・

2人はどうやってピンチを乗り越えるのか
そして、梓との三角関係の行方は・・

葛藤や嫉妬心、恋愛模様など「兄弟の愛憎劇」がテーマとなっているこのドラマ。兄弟の関係はどうなっていくのか、そして三角関係の行方は?まだ序盤ですので、見逃した方は今からでも間に合います!ブログでストーリーをおさらいして、次回の放送を楽しみに待ちましょう。

今後どのような展開になっていくのか、月曜9時はドラマ「カインとアベル」をぜひチェックしてくださいね!

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス