友情関係を築くのに、年齢は関係ありません。先日も4歳の少女と82歳の高齢者男性の素敵なストーリーをこちらで紹介させて頂きました。子供と高齢者が仲良くしている姿は本当にほっこりさせられます。

米ミネソタ州ファーミントンに暮らすエンメット・リッチナー君(5歳)は、3歳の時にお隣に住んでいたアーリン・キンデムさんと仲良しになりました。アーリンさんは元アメリカ軍兵士で第二次世界大戦の経験者でもありました。

いつも一緒に遊んでいたエンメット君とアーリンさん

出典 https://www.youtube.com

アーリンさんにとれば、エンメット君はひ孫のような存在だったことでしょう。二人には年の差など関係なく、一緒に庭で遊んだり絵を描いたり自転車に乗って競争したりと絆を深めていき、親友同士になりました。

アーリンさんが老人ホームに移った頃、エンメット君家族も隣町へと引っ越して行きました。お別れの時には涙した二人。それでもその後も、エンメット君は両親に連れられてアーリンさんのいる施設を訪ねていました。

アーリンさんの息子チャーリーさん(67歳)は「エンメット君は父が隣に住んでいた時から、父を訪ねてくれる唯一の子供だった。ドアをノックして『おじいちゃん、一緒に外で遊ばない?』っていつも言ってくれていたよ。父はエンメット君と友情を築いたんだ」と後にABC Newsのインタビューで語っています。

アーリンさんの90歳の誕生日にも施設を訪れたエンメット君

出典 https://www.youtube.com

アーリンさんは90歳の誕生日を老人ホームで迎えました。その時にもエンメット君は両親と共にアーリンさんを訪れ、ホームのスタッフや施設のみんなとアーリンさんの誕生日を祝いました。

エンメット君がアーリンさんに渡したプレゼントは特別なものでした。

二人の名前がそれぞれ刻まれたペンダントをプレゼントに

出典 https://www.youtube.com

「ずっと、ずっと友達じゃよ」

出典 https://www.youtube.com

ペンダントは恐らくエンメット君の両親から、二人へのプレゼントだったのでしょう。箱を開けて中身を見て驚くエンメット君とアーリンさん。アーリンさんはエンメット君の首にペンダントをかけ、「ずっと友達じゃよ」と笑顔で語りかけました。

そして、アーリンさんが91歳の誕生日を迎えた時も、エンメット君はお祝いに駆け付けました。しかしその2日後、アーリンさんは帰らぬ人となってしまいました。

エンメット君のお母さんによると、エンメット君はアーリンさんの誕生日に聖書の中の言葉「the Lord's Prayer(主の祈り)」を読んで聞かせてあげたそうです。その2日後、アーリンさんは天へと召されて行きました。まるでアーリンさんがエーメット君からの贈る言葉を待っていたかのように…。

エンメット君は、きっとずっと忘れない

出典 https://www.youtube.com

エンメット君のお母さんは「エンメットがアーリンさんと過ごした楽しかった日々は、決して忘れることはないでしょう」と語り、アーリーさんの息子チャーリーさんは「父は厳しい時を生き抜いてきた人だったが、誰にでも優しく親切な男性だった。友情に篤くいろんな人と友達になって、みんな父のことを慕ってくれたよ」と最愛の父の過去を振り返りました。

エンメット君はもうすぐ6歳になります。数年間過ごしたアーリンさんという人のことを、きっとエンメット君は大きくなっても忘れないでしょう。86年という年の差を超えた深い友情は間違いなく築かれていました。アーリンさんもきっと天国でエンメット君を見守ってくれているでしょう。アーリンさんのご冥福をお祈りします。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス