欧米では、白い肌にそばかすがある人は赤毛(ジンジャーヘア)同様、子供の頃から苛めやからかいの対象となってきました。透き通るような白い肌にそばかすは目立ってしまうために、それをコンプレックスに感じている人も決して少なくありません。

赤毛のそばかすの女の子といえば「赤毛のアン」を思い浮かべる筆者。そのイメージがあるからか、そばかすはとってもキュートで可愛いと個人的に思います。からかいの対象にするのではなく、個性の一つとしてそばかすも赤毛もリスペクトされるべきではないでしょうか。

ロンドン出身の写真家、ブロック・エルバンクさんは2015年からそばかすがある人を対象に写真を撮り続けてきました。ブロックさんはそばかすがある人だけのポートレートを展示した個展を催したり、InstagramやFacebookなどのSNSで公開したりしています。

ブロックさんは、そばかすのある人ばかりを対象に撮影を続けています。それは社会に「そばかすも赤毛もとても美しい」ということを訴えるキャンペーンなのだそう。普段から「そばかすをからかいの対象にする人の気が知れない。これほど美しいものはないと思う」と言うほどブロックさんはそばかすの魅力に憑りつかれているそう。

そもそも、そばかすって何?

そばかすは、子供にできるものと大人になってできるものとでは原因が異なるそうです。

子供にできるそばかすは、そばかすができやすい色白体質の遺伝が原因だと言われています。成長期を過ぎると自然とそばかすが薄くなったり消えたりすることもあるようです。大人になってからできるそばかすの場合は、紫外線や生活習慣が原因だそう。

正式には、「雀卵斑(じゃくらんはん)」と言い、通称でそばかすと呼ばれます。そばかすは、鼻を中心として左右の頬に淡い褐色や黒褐色の斑点ができます。形は三角形や四角形をしています。紫外線を浴びると濃くなることがあり、年を重ねると薄くなっていくことがあります。

出典 https://www.ishamachi.com

顔だけにそばかすがある人もいれば、体中そばかすに覆われている人も様々。ブロックさんはそんな人たちのポートレートを撮影し続け、現在は2017年の個展に向けて準備中なのだとか。

撮影に協力してくれた人の中には、子供の頃から自分にそばかすがあることで苛められ、学校ではそばかすがある自分と誰も友達になろうとしてくれなかった辛い時期を経験し、自分自身が大嫌いだったという人もいたそうです。

常にそばかすを美しい個性と思っているブロックさんにとって、そうした「そばかすを持つ人」の体験談を聞くことはとても興味があると言います。

ブロックさんの作品はどれも興味深い

確かに一人一人のそばかすは全く違うもの。そばかすはまさしくその人の「個性」。「普通じゃない」「変わっている」というネガティブな印象を持つ人もいますが、ブロックさんはそばかすを持つ人は「並外れた美しさ」を持っているのだと主張します。

筆者の周りにも肌の色がとっても白くそばかすが可愛い男の子がいます。お母さんにもそばかすがあるのできっと彼の場合は遺伝でしょう。

生まれた時から先天的にそばかすを持っている人、大人になってからそばかすができた人…ブロックさんが撮影する人たちのポートレートを見ているだけでその個性がありありと伝わってきます。

是非あなたもブロックさんのInstagram・Facebookをご覧ください。そしてもしこれを読んでくれている人にそばかすがあるなら「あなたのそばかすは美しく、大切な個性なのだよ」とブロックさんが伝えたがっているということを知ってください。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス