こんにちは!藤田シャケラッチョと申します。4歳の女の子と2歳の男の子と9歳のチワワの育児に奮闘中です。

子育てをしていると、想定外のハプニングに見舞われることがありますよね。

悪気のない子供により、(授乳期に)人前で胸をまさぐられたり、家での素の姿をママ友に暴露されたり…
子供に引っ張られ、ズボンが下がりお尻丸出しなんて日常茶飯事です。


我が家も、毎日子供が起こすハプニングに巻き込まれています。

そこで今回は「奇想天外!子供が巻き起こすハプニング集」をお届けします。

信じ過ぎてハプニング

こちらの言う事を随分と理解してきた4歳の娘。
しかしまだまだ4歳。

曖昧な答えには親の目でチェックが必要。

それを痛切に感じた出来事でした。


窓を開けての大熱唱…
ご近所さんにどうか聞こえてませんようにと祈るばかりです。

生死をさまようハプニング

子供に振り回されて、やっと床に就いたと思えばこの有様。

就寝時にも想定外のハプニングは起こるのです。

寝相の悪いお子さんをお持ちの方なら一度は経験があるのではないでしょうか?

私はこの出来事から「子供の側に寝るものは、寝ている時も油断できない。」という教訓を得ました。

子供がいなくてもハプニングは起こる

いつもは子供がいることにより起こるハプニング。
しかし当の子供本人がいなくても、ハプニングは起こるのです。

それは「子供がいると思ってやっちゃう予期せぬハプニング」!

ついいつもの感じでベラベラと喋りながらスーパーを歩き回っていましたが 、レジ会計辺りで「これじゃただの大きな独り言だ!」と気がつきます。

子供の存在はかけがえのないもの…

そのかけがえのない存在は、いつでも側にいるような気にさせてくれ、また新たなハプニングを起こしてくれるのです。

ハプニングを笑い飛ばせ!

子供の巻き起こすハプニングの大体は、親が恥ずかしくなるような事ですよね。
しかしなぜだかその時こそ恥ずかしいものの、暫く経つと笑い話に変わってしまいます。

子供を産む前だったら、窓を開けての大熱唱やスーパーでの大きな独り言…
とても恥ずかしくて思いだすこともできなかったでしょう。

それが、出産を経験した事で一皮向けて、恥ずかしい出来事だって、どーんと構えて受け止める事ができるようになったのかもしれません。


これからも起こりうるだろう奇想天外なハプニングを、笑い飛ばせる母ちゃんに成長していきたいものです。

この記事を書いたユーザー

藤田シャケラッチョ このユーザーの他の記事を見る

大分県で一姫二太郎と、気の強いチワワを育てています。胞状奇胎という珍しい病気の後、子供を2人授かりました。趣味はブログで子供の成長を漫画にすることと温泉巡りです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス