普段何気なく読み書きしている「漢字」ですが、他人の「読み方」に違和感を覚えたこと、ありませんか? 

今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、「馬主」や「豚汁」など、いくつかの読み方のある言葉を取り上げ「正しい読み方」を考えながら、奥が深い漢字の世界にみなさんを誘います。

重箱の隅をつついてみよう

ちょっと漢字テストをしてみましょう。この漢字はなんと読むでしょう?

・馬主

多くの人は「ばぬし」と読んだと思います。世間一般には「ばぬし」という読み方が定着しているようです。

ところが「馬」の読み方は、

・音読み バ メ マ
・訓読み うま ま

となっていて、「ばぬし」と読むのは

・バぬし 音読み+訓読み

となります。普通、二字熟語の読み方は、「音+音」「訓+訓」と、同じ系統の読み方をします。このように「音読み+訓読み」になるのを

・重箱 ジュウばこ

を代表例にして「重箱読み」と呼びます。他には

・番組 バンぐみ
・豚汁 トンじる

などがあります。逆に「訓読み+音読み」になるパターンを

・湯桶 ゆトウ

を代表例にして「湯桶読み」と呼びます。

・株券 かぶケン
・豚肉 ぶたニク

などがその例です。

あなたは「豚汁」をどう読みますか?

ここに挙げた例を見て、「『豚汁』は『ぶたじる』だろ!」とおっしゃる方もいるかもしれません。

実は「豚汁」は、大方は「トンじる」と重箱読みをする地域が多いのですが、東北・北陸や近畿・中国地方の一部エリアでは「ぶたじる」と言います(私も「ぶたじる」派です)。

国語辞典でも扱いはいろいろですが、「訓+訓」の読み方からいえば「ぶたじるが正しいような気がします(私が「ぶたじる」派だから)。

同じように考えると

・馬主 うまぬし

がしっくりきます。

ちなみに、日本中央競馬会などではうまぬしと呼びます

「馬主」さんたちの集まり「馬主協会」が各地にありますが、「うまぬしきょうかい」と読みます。

一つは「という濁りのある音の響きが語頭にくるのがやや俗っぽい、雑なイメージを与えるのを嫌がるというのがあるようです。

・罵倒する 馬鹿にする

 博打など、あまりいい言葉がありません(こういう「語頭の濁音を嫌う」のは日本語の特徴の一つです)。

ということで、どちらが正解という絶対的なものはないのですが、もし「馬主」さんとお話しする機会などがありましたら、「うまぬし」の方を使うのがいいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス