NTTドコモがiモード対応機種の出荷終了を発表

NTTドコモが、iモード対応の携帯電話の出荷を終了することを発表しました。

NTTドコモは、iモード対応のフィーチャーフォン(iモードケータイ)を2016年11月~12月を目途に出荷を終了し、在庫限りで販売を終了する。

ドコモ広報は出荷終了の理由について、「現在のiモード端末で利用している部材の一部で、メーカーが生産を終了しており、部材調達リスクを減らすため」と説明している。

出典 http://k-tai.watch.impress.co.jp

ドコモ らくらくホン(iモード)については当面出荷継続され、サービスとして小さいながらも継続していくようですが、携帯電話の歴史を大きく塗り替えたiモード携帯の歴史が幕を閉じようとしています。

世界初!携帯電話の革命だった「iモード」サービス

iモードは携帯電話でインターネットを利用できる画期的なサービスとして、1999年2月にスタート。開始時点での対応端末は、F501iの1機種のみだった。その後急拡大し、日本のモバイルネットの発展をけん引した

出典 http://www.itmedia.co.jp

iモードが登場する以前は、携帯電話は電話をするだけのツールでした。そんな当時の状況では、携帯電話でメールやインターネットができるということはまさに革命でした。サービス開始当初からiモード対応機種は爆発的にヒット。多くの企業がiモードと提携してサービスを展開し、ドコモのiモードを中心にひとつのビジネスが育っていきました。

i-mode独自の様々なサービスが誕生し、ケータイユーザーのなかで普及していきました。今のスマホでは当たり前のようにある機能が、実はiモードに起源があったり、一方でiモード時代には主流だったスタイルが今では廃れてしまっていたり…、あなたはいくつ覚えていますか?

着信メロディがダウンロードできる「iメロディ」

iモード以前の携帯電話では、機種既存の着信メロディを選ぶか、ボタン操作で1音ずつ打ち込んでメロディを自作するしかありませんでした。しかし、iモードで展開されたサービス「iメロディ」では、課金するとメロディのデータがダウンロードできるシステムでした。

電子音によるメロディのみでしたが、好きな曲を手軽に着メロにできるとあって、サービスは人気を呼びました。

絵文字が初めて登場した「iモードメール」

携帯のショートメールからiモードメールになったことで、大きく変わったことの一つが「絵文字の導入」です。iモードユーザー同士のメールで絵文字が使用できることも、人気に拍車をかけた一因でした。他社でもドコモに追従して絵文字を導入しましたが、当時はキャリア間では絵文字通信ができない仕様でした。

メールをかわいく飾る!「デコメール」

2004年のFOMA 900i/700iシリーズからはHTML形式のデコメールが登場。メールの文字や背景に色や動きをつけることでデコラティブに表示するスタイルが、中高生を中心に広まりました。また、デコメールのスタイルをダウンロードするサイトも人気を呼びました。

ネットを使いすぎると起きる「パケ死」

iモードスタート当時の通信料金は、「1パケット当たり○円」という従量課金制でした。楽曲のダウンロードや、ネット閲覧を繰り返すことでパケット通信量が激増し、払いきれないほどの高額な通信料の請求を受けることを「パケ死」と呼ぶようになりました。

2003年にはパケット定額制が導入されたのですが、契約していなかったユーザーが数万~数十万円の請求を受けるケースもあり、社会問題となりました。

ドコモのCMと言えば…思い出すアノ人!

iモードが画期的だったのはサービスだけではありません。当時のドコモはCMも注目されていました。

▼広末涼子さん

出典 http://ameblo.jp

女優の広末涼子さんは1996年から2001年までドコモの総合的イメージキャラクターを務めていました。当時、人気絶頂のアイドルだった広末さんが出演したCMもiモードヒットの一因になったと考えられます。

▼安藤政信

出典 http://www.distance-fromto.com

広末涼子さんと同時期に、iモードのCMに登場していたのが俳優の安藤政信さんです。ケータイを使いこなす好青年キャラを演じて、女性たちから支持されました。

▼加藤あい

出典 http://buyee.jp

広末涼子さんに代わってドコモの総合的イメージキャラクターに起用されたのは、当時人気だった女優・加藤あいさんです。1996年から2006年まで、ドコモのCMやパンフレットに登場していました。

▼ドコモダケ

出典 https://www.amazon.co.jp

ドコモのCMといえば、このキャラクターを思い出す人も多いのではないでしょうか。ドコモダケは2005年1月に誕生した広告キャラクターです。ドコモのCMはもちろん、様々なキャラクターグッズも登場しました。

スマホとは違う、あの頃のケータイの魅力。

かつてiモードを活用していた世代にとって、かつての携帯電話事情は当時の懐かしい記憶と混ざって、輝かしく映るのかもしれません。ネットには当時を振り返る声が多くありました。

メールに文字数制限があったり、白黒だったり、通信が遅かったり…、若い世代から見ると、いまのスマホと比べて不便なことが多いように思えるかもしれません。しかし、そんななかでも工夫して楽しんでいた当時の思い出は、スマホでは得られない確かなものなのです。

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

プリンと焼肉だけ食べて生きていけたら幸せです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス