記事提供:日刊サイゾー

先月29日、ハロウィンで盛り上がる渋谷の街に突如、素人ナンパ企画AVなどでおなじみ“マジックミラー号”が登場、仮装中の通行人らを驚かせた。

移動型撮影スタジオとして1996年から親しまれてきたこのマジックミラー号が今年20周年を迎えることと、車両を保有するSOD(ソフト・オン・デマンド)の新代表取締役社長に野本ダイトリ氏が就任したことを記念して一般展示されたもので、すぐさま大きな人だかりができ、通行人らが車両前に設置されたフォトブースからマジックミラー号との記念撮影を楽しんだ。

設置されたのはハロウィン期間で歩行者天国となっていた道玄坂のラブホテル街の一角。

マジックミラー号がそもそも渋谷を中心に素人ナンパ企画を数多く生み出したという背景があり、「お世話になった渋谷に感謝の気持ちを込めて」と次世代の日本を背負う若いカップルらが愛を確かめ合うこの場所にマジックミラー号が設置・開放されたのだ。

現場には野本社長はじめ、SODの美人広報担当者、人気AV男優のしみけんさんなど、AV関係者も多数来場。

野本社長は「普段、街にこういう形で展示でおくことは滅多にないんです。男だったらみんな知っている車。会社のアイコンでもある大切な車。みなさんの楽しい夜のお役に立てれば」と、うれしそうな表情。

マジックミラー号はSODが約4,000万円もの製作費を投じて完成させた同社のシンボル的な存在だ。

また、マジックミラー号の脇には「萌えるゴミ」「萌えないゴミ」「ビン・カン」の3種類のSOD特製のゴミ箱も設置され、こちらも人気を呼んだ。

これはSODがCSRの一環としてリリースしたエコ啓発サイト「ドエコ」から派生させ、特別開発したという“男が自発的にゴミを捨てたくなる”ゴミ箱で、「イレたくなるゴミ箱」という悩ましいネーミングがついている。

もちろんSODが作ったゴミ箱が普通のゴミ箱であるわけもなく、紗倉まな、古川いおり、白石茉莉奈、市川まさみ、飛鳥りん、戸田真琴など、SOD専属女優(SODstar)の肉声が収録され、ゴミを捨てると、そのゴミのサイズによって「入ってる、入ってる!」「もうダメ~」「こら、小さいぞ!」「いや~ん」「いっぱい出しなさい!」など、人気女優たちのセクシーな声が奥から響いてくる楽しい仕掛けがついている。

野本社長はこの「イレたくなるゴミ箱」についても「うちなりの楽しいゴミの捨て方を提案できたらと思って開発しました。できれば今後は東京中にこのゴミ箱を設置したい」とニヤニヤ。

ちなみにゴミ箱一つにつき、こちらも約10万円の開発費用がかかったという。

ゴミといえば、毎年ハロウィンの後は、渋谷の街のゴミ問題が取り上げられるが、この夜の翌朝5時から“SOD軍団”と称したSODの制作スタッフが現地に大集結。

渋谷駅前・スクランブル交差点、渋谷センター街などを「カメラをトングに持ち替えて」と早朝ゴミ拾いを敢行。全員が野本新社長の名前が大きくプリントされたポロシャツを着て、SODの旗を掲げて約2時間、渋谷を清掃。

ハロウィンを終え、帰路につく通行人からは「おい、ソフトオンデマンドがなんで」「どさくさにまぎれてAV撮っているんじゃないだろうな!」など好意的な声が多数飛んでいた。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス