記事提供:Conobie

卵管通水検査ってどんなことするの?参考までに、私はこんな感じでした。

卵管通水検査とは?

妊娠希望ということもあって、自分の体を知るためにも「卵管通水検査」を受けたことがあります。

卵管の障害や卵管が通過しているか、生理食塩水を通して診断する検査です。

バルーンでふたをするので食塩水は流れることもなく安心して受けられます。

でも…、

卵管通水検査をする時期は?

私の場合は、生理後、出血のない排卵日前の時期の検査でした。

前の月から婦人科の先生から「次の生理が来たらすぐ電話してください」と言われていて、その電話で通水検査の予約をとるシステムでした。

必要だったものは基礎体温表とナプキン。

通水検査後しばらくは卵管がきれいに掃除されたあとの状態なので、妊娠もしやすいそうです。

卵管通水検査の料金はどのくらいかかるの?

通水検査は健康保険が適用されています。

一般的には、健康保険適用で高くても8000円以内で受けられるようです。

検査後、どうなったかというと…

本当にみんながこんなに痛いわけじゃないそうなので、気軽に検査を受けてみてくださいね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス