世界の車窓からなどでも素敵な景色を見ることが多いドイツ。そんなドイツに、Twitterユーザーの「Kentaro Hara」さん(@xharaken)が訪れたときのことです。

xharakenさんは、時間に縛られずに田舎をのんびり歩くのが好きで、バスを逃して1時間待ちなんてのはよくあることなんだとか。ただ、そんなxharakenさんでも驚く出来事が4年前にありました。

その出来事とは…

üとuを読み間違えて目的地とは250km離れた場所に行った

出典 https://twitter.com

え…?250kmといえば、東京から静岡や新潟くらいまで行けちゃう距離ですよね…!?

どうやら、「Rothenburg ob der Tauber」に行きたかったところ、誤って「Rothenbürg」に向かっていたようです。

さすがにバスを1時間待っても平気なxharakenさんも修正不可能と嘆いていたところ、駅員さんから渡された素敵なパンフレットに救われたそうです。

そのパンフレットがこちら!

出典 https://twitter.com

現在地入りの地図と…

出典 https://twitter.com

丁寧な日本語で書かれた文章が!

乗客の皆様

お客様が行きたかったのはRothenburg ob der Tauberではないでしょうか。

外国からいらっしゃった他のお客様も良く間違われるのですが、残念ながら、お客様は「u」と「ü」を混同して間違った行き先の電車に座っていらっしゃいます。つまり、「Rothenburg ob der Tauber」ではなく「Rothenbürg」行きの電車に乗ってしまっているのです。「Rothenbürg」は人口181人の小さな村で、かの中世の町「Rothenburg ob der Tauber」とよく混同されます。

問い合わせ先は以下の通りです(中略)申し訳ありませんが、お客様には「Hof」中央駅まで戻っていただく必要があります。そこから「Rothenburg ob der Tauber」に行くには二つのルートがあります。一つ目はニュルンベルグからAnsbachへ行き、そこからSteinbach経由でRothenburg ob der Tauberを目指すルートで、所要時間は3時間半です。もう一つはWürzburgからSteinbach経由でRothenburg ob der Tauberに行く方法です。このルートだと所要時間は約4時間です。このようなことを申し上げることになってしまい非常に心苦しいのですが、お客様がRothenburg ob der Tauberへのご旅行を、そしてドイツでのご滞在を楽しまれることを心より願っております。

AGILIS線スタッフ一同

出典 https://twitter.com

これは素敵!!

間違えたことで今どうなっているのか、何故間違えたのか、そしてどうすれば修正できるのかなどが、丁寧な分かりやすい日本語で書かれていますね。同じ間違いをする日本人が多かったのかな?

これなら、場所を間違えた苦い思い出も、ドイツの鉄道員の温かいおもてなしに触れて、なんだか素敵な思い出になっちゃうかもしれませんね!

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは、投稿されてから2日で1万RT(リツイート)を越えるくらい話題となり、見た人たちからは…

「それにしても素敵な対応&なごむパンフ」
「とても素敵なパンフレット」
「素敵過ぎます」
「マニュアルがしっかりしてますね」
素敵な想い出ですね」
こういうパンフレットを用意してあるのはすごいですね」
「よくある機械翻訳の微妙な日本語ではなくてしっかりした日本語ですね」

などの声がたくさん挙がっています。

ドイツの素敵な景色がたくさんのアカウント

ちなみに、そんなxharakenさんのTwitterアカウントでは、ドイツの素敵な景色がたくさんアップされているので、その中の一部をご紹介しますね。

秋に訪れたくなる素敵な景色!!

これがホントの大自然!!!

湖畔の街、素敵ですね!

これは幻想的…!

ショーケースにドイツパンが並ぶ光景!楽しそうですね!

こんな素晴らしい光景や、素敵なエピソードを聞いてしまったら、もうめちゃくちゃドイツに行きたくなっちゃいますね。

でも、くれぐれも、「Rothenburg ob der Tauber」に行きたい方は、間違えて「Rothenbürg」に行かないように気を付けてくださいね(笑)

※本記事に掲載しているツイートは、全て権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス