秋元康氏プロデュースのアイドルグループ「欅坂46(けやきざか46)」がハロウィンイベントで着用した衣装が、第二次世界大戦で大きな惨禍を招いた「ナチス・ドイツ」の軍服に似ていると指摘され、思わぬ反響を呼んでいます。

事の発端は10月22日に横浜アリーナにて行われたコンサート「PERFECT HALLOWEEN 2016」。
黒い帽子に黒いマントを着用してパフォーマンスを行った欅坂の様子が公式ブログ・SNSにて公開されたところ、「ナチス・ドイツの軍服を想起する」としてネット上で炎上。
英紙でも報道され、ユダヤ人協会から正式に抗議が出されるなど世界的にも波紋を呼んでいます。

人気アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」のライブ衣装がナチス・ドイツの制服に酷似しているとして、アメリカのユダヤ人団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が10月31日、同グループが所属するレコード会社とプロデューサーに対して謝罪を要求した。

同センターのエイブラハム・クーパー副所長は、「欅坂46」の秋元康プロデューサーと、所属レコード会社のソニーミュージックを名指しした上で、「不適切で非常に攻撃的な演出」と非難。「十代の少女が観客を前にナチス風の衣装でステージで踊ることは、強い苦悩をナチスの大虐殺の被害者に与えます」と訴えた。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

2016/11/1付 BuzzFeed Newsより(見易くする為の改行や朱入れは筆者によるもの。以下同)。

特に問題視されたのは、帽子にあしらわれた紋章。そのデザインは、ハーケンクロイツ(カギ十字)と共にナチスが使用した「ワシの紋章」とほぼ同じでした。

この騒動に対し、11月1日にプロデューサー秋元康氏とソニー・ミュージックの謝罪文が発表されました。

ニュースで知りました。ありえない衣装でした。
事前報告がなかったので、チェックもできませんでした。
スタッフもナチスを想起させるものを作った訳ではないと思いますが、プロデューサーとして、監督不行き届きだったと思っております。大変申し訳なく思っています。
再発防止に向けて、すべて事前にチェックし、スタッフ教育も徹底して行いたいと思います。

総合プロデューサー・秋元康

出典 http://www.keyakizaka46.com

10月22日に開催されましたハロウィンイベントにおいて、欅坂46が着用した衣装について、「ナチスドイツの軍服がモチーフではないか」とのお問い合わせ・ご指摘をいただいております。

私どもの認識不足により、衣装の色やその他を含む全体のデザインが、そのようなイメージを想起させる部分があり、ご不快な思いをさせてしまったことに対し、心よりお詫び申し上げます。

また、当該の衣装に関しては、今後一切着用いたしません。

今回のご指摘を真摯に受け止め、再発防止に努めてまいります。
多くのみなさまにご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

Seed & Flower合同会社 代表 村松俊亮

出典 http://www.keyakizaka46.com

上記謝罪文にもある通り、この衣装は「二度と使わない」とのこと。
幻の衣装として逆に人々の記憶に残りそうです。
衣装だけでなく、今後の欅坂46の活動にも少なからず影響を与える事になるかもしれません。

ミリタリーな世界観を打ち出して人気を得ていた欅坂46

では今回のように衣装のデザインが批判を受ける以前はどうだったのでしょう。
もともと欅坂46の衣装や振り付けには、「軍隊」や「革命」をテーマとしているものが多く、それらが絶大な人気を誇っていました。
その例として、大ヒット曲『サイレントマジョリティー』の存在が挙げられます。

サイレントマジョリティーで使用されたブルーグリーンのミリタリー調衣装をはじめ、
欅坂46の衣装はそのデザイン性も人気が高く、雑誌『装苑』の表紙を飾るほどでした。

欅坂46 『サイレントマジョリティー』

出典 YouTube

「欅坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL」より。なお、公開は期間限定の模様です。

出典 https://www.amazon.co.jp

ファッション誌『装苑』にて乃木坂46とともに特集が組まれた際の表紙。欅坂46の衣装は左。

同曲の衣装をデザイン・制作した「尾内貴美香」氏は、インタビュー記事の中で、軍服を参考にした事を明言しています。

今回は最初から曲も振付も軍隊っぽい感じを取り入れたいから、カワイイ感じじゃなくてもいい、尾内さんがカッコイイと思う衣装を作ってくださいと言われました。

出典 http://news.dwango.jp

いろんな軍服を調べました。それこそ世界各国の軍服から、軍隊をテーマにしたアニメまで。かつ欅坂46のテーマカラーはグリーンなので、それを基調にしようと。ただ、軍服的なグリーンだと重々しく見えてしまうので、顔映りがキレイになるようなブルーグリーンにしたんです

出典 http://news.dwango.jp

欅坂46の躍進の理由は、曲・衣装・振り付けなどに見える一貫した世界観にあると言っても過言ではありません。
「少女達が大人や社会からの抑圧に抗う強さ」を表現する手段として軍服調の衣装がデザインされたという背景があります。

「こういうハードな部分が、彼女達の魅力だ」と捉えるファンの方もいらっしゃいます。

歴史的事実は別として、ナチス・ドイツの軍服デザインは優れている?

また「ナチス・ドイツの軍服は、思想云々や彼らの行った残虐行為を別として、デザインは純粋に優れている」という意見もあるようです。

ナチス・ドイツの軍服(親衛隊服など)は「ヒューゴ・フェルディナンド・ボス」という著名デザイナーが作ったものです。ボス氏が設立した会社は、現在でも「ヒューゴ・ボス社」として存続しており、ドイツを代表する人気ブランドとして広く認知されています。

1924年には現在のヒューゴ・ボスの前身でもある服飾工場を立ち上げ、ここで大規模な製造やクリーニングをおこなったとされています。しかし、この後世界恐慌の影響で、倒産するなど、事業は順調とはいきませんでした。
1931年、彼の人生の大きな転機が訪れます。ナチ党への参加とともに、ヒューゴ・ボスの支援を表明することで大規模なナチス軍服の受注を一挙にうけるようになったのです。

出典 http://ore-germany.com

戦争犯罪の有無や勝敗は別として、純粋に世界の軍服の中でずば抜けて高い評価を得ているのが第2次世界大戦中のナチス・ドイツの制服です。
これは同時期の軍隊だけでなく、現在の軍隊の制服を含めてもナチス・ドイツを超えるレベルの物はないと言えるでしょう。

出典 http://golden-zipangu.jp

”残忍な政権が採用した最高の制服”って評価している人がいるけど、この意見には全く同感です。ナチスはこの魅力的な軍服で国民を戦争に導いたのさ。

出典 http://golden-zipangu.jp

また、軍服以外にもナチスの協力企業として有名なのがドイツ車のフォルクスワーゲン社です。戦時中はナチス政権下の国民車を作っていましたが、
こちらも高いデザイン性が今でも評価されており、ファンの多い自動車メーカーですよね。
ドイツは「デザイン大国」と言われており、機能性と無駄を削ぎ落とした洗練されたデザインを兼ね備えた製品を多く作り出している国なのです。

ナチス・ドイツの軍服もその系譜を継いでいるものであり、思想を抜きにすれば現代のクリエイターが参考するに値するデザインと言えるでしょう。

日本では機能や加飾を付けたす、『足し算のデザイン』が多いですが、ドイツでは新しい技術、工法を生かし『引き算のデザイン』を得意としています。形はシンプルですが、圧倒的なクオリティーと実用性を重視した製品が多いのが特徴です。

出典 http://carbon-design.hatenablog.com

「戦争の記憶」と「表現の自由」のバランス

とはいえ、かつてナチス・ドイツが行った行為の残虐さは明白であり、それを深く反省しているドイツではナチス礼賛は「刑法」に触れる場合すらあります。

メディアに関わる者や芸能関係者は、ナチス・ドイツに関わる表現に対して細心の注意を払って当たらなければいけない事柄なのです。

その一方で、ナチス・ドイツの軍服を生んだ「ヒューゴ・ボス」等に代表されるドイツのデザインはとても優れているのも事実です。 
 
今回の騒動になる以前から欅坂46のミリタリーな世界観は高く評価されています。
では他の国の軍服に似ているのであればよかったのか?
過去に殺戮を行ったのはナチス・ドイツだけに限った話ではありません。
表現の場においてどこまで歴史的背景に配慮するべきか?は難しい問題ではないでしょうか。

「不快に思う人がいるから辞める」は正しいのか

微妙な問題に触れるとき、有名であればあるほど注意しなければなりません。
良い事も悪いことも、一度世に出せば、ものすごい速度で拡散されてしまうからです。

この事は、ネットが発達した現在、誰にでも当てはまる事でしょう。
スマホやパソコン等の端末を持っていれば、誰もが情報を世界中に拡散できます。

何かを発信すれば、良いと思う人もいれば不快に思う人もいる。
受け取る人に対して配慮するのも大切ですが、
「不快な思いをする人がいるから」という理由で表現の自由を抑制することも正ではありません。

筆者もそうですが、「何かしらの情報を、特定・不特定を問わず発信する事がある方」は、この機会に「発信する情報が、どこまで許されるのか?」について、ゆっくり考えてみてはどうでしょうか。

自分はOKだと思って表現した事でも、評価が激しく割れる場合があります。気をつけたいところです。

どちらにせよ、今回の騒動を受けて欅坂46の世界観がどのように変化するのか、注目したいですね。

↓他、オススメ記事↓

この記事を書いたユーザー

マカラン このユーザーの他の記事を見る

関西在住のライター。
時事ネタから都市伝説まで、宇宙ネタから節約術まで、詐欺・ブラック企業ネタから珍言まで…。
幅広い話題を、楽しくお伝えしたいと思います。
(なお、画像は全てイメージです。念の為)

Twitterやってます。フォロー御願いします!
アカウント @d_makaran

アメブロも随時更新中! 見てやって下さい。
他の話題は勿論、記事を読む際の注意事項等もアリ。
http://ameblo.jp/makaran999/

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス