歌舞伎の市川一門の宗家といえば日本の伝統文化を守ってきた古い歴史があります。その陰では亡くなった十二代目・市川團十郎さんや息子の海老蔵さんを支えた、母親の堀越希美子さんの存在が大きいとも言えるでしょう。そんな希美子さんが今回、海老蔵さん一家を育ててきた「成田屋の味」のレシピ本を出版しました。

海老蔵さんの母、希美子さんの本が出版

堀越希美子さんは十二代目・市川團十郎の妻として市川宗家を切り盛りしてきた女性です。歌舞伎役者は体が資本のため、口にするものに関してはかなり気を使っていたと思われます。
梨園の妻が作ってきた料理というのは興味をそそりますね。

思い出の写真も掲載

海老蔵さんや妹さんが小さかった頃の写真や、ご存命だった時の團十郎さんとのツーショットなど、思い出の写真も掲載しています。

海老蔵さんも絶賛する料理の腕前

このご飯で育ったの私。
確かにうまい。

料理屋さん出せばいいの
と本当おもってる笑

宜しくお願いします

堀越希美子さんから麻央さんへ受け継がれる

母の本。

「私が伝統を伝える相手は
麻央ちゃん」
という母の言葉があった。
まだ何も受け継げていないまま
病気になり、
闘病で時が過ぎていくことを
悔しく思う。

ある人曰く、

「このくらいで
へこたれる嫁ではないだろう」と

父は天国から優しく言っているそうだ。

へこたれません!
やるべきことが、たくさんあります!

麻央さんも作り置き料理を公開。義母の味を真似している

きんぴらごぼうとひじき煮を
作りました。

そして、

ポテトサラダ。
主人の母を真似て、はちみつと、
レモンを入れています。

豆乳マヨネーズを少しだけ。

海老蔵さん一家を支えてきた「成田屋の味」は現在、希美子さんから麻央さんへと受け継がれています。本にはレシピの他にもエピソードなども掲載されているようなので興味深いですね。気になる人はぜひ手にとってみてください。

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス