Ameba公式トップブロガー パン耳さんのブログ社畜の育児

3歳の長女パン子ちゃん、1歳の次女ミミ子ちゃんと旦那さんの4人家族です。共働きのパン耳さん夫婦ですが助け合いながら子育てをしています。

今回は、育児で困ったときに周りの人に救われたエピソードをご紹介します!

優しさのバトン

ある日の土曜日。午前中に仕事が終わったパン耳さんは、保育所へ子供たちのお迎えに行きました。

お昼寝前だったので、長女のパン子ちゃんは帰りに眠くてぐずってしまいました。

落ちているビービー弾を拾いたいとぐずってしまったパン子ちゃん。パン耳さんの説得の声も届きません。仕事でお昼ご飯さえ食べていないパン耳さんは疲れて笑えずにいました。

そう、むしろ泣きたかった

出典 http://ameblo.jp

しばらくの間ぐずっていたパン子ちゃん。眠っているミミ子ちゃんを抱っこしながら、パン耳さんは途方に暮れていました。

そんな時、声をかけてくれた人がいました。

目をやるとマンションの上の階に住んでいる方でした。

言葉にならないくらい
ありがたくて……

涙が溢れそうなくらい
嬉しくて……

出典 http://ameblo.jp

上の階の方はパン耳さんの荷物を持ち、暴走するパン子ちゃんをなだめて家の前まで一緒に来てくれました。

その方も「子育てが大変だった時に色々な人に助けてもらった」と懐かしそうに笑っていたそうです。

私もいつか、
今の自分と同じように大変そうにしてる誰かが居たら『私も大変だったから』って笑いながら、この時もらった『優しさ』をバトンのように誰かに渡せたらいいな……っと……

出典 http://ameblo.jp

辛いときに助けてもらい泣きそうになるほど嬉しかったというパン耳さん。
その方と同じように大変そうにしている人に声を掛けて優しさのバトンを繋げていければ良いですね。

いかがでしたでしょうか?

働きながら旦那さんと一緒に育児をこなすパン耳さん。慌ただしくも家族との面白く楽しい日常を描いています!是非気になった方は読者登録をしてみてください。

この記事を書いたユーザー

Ameblo編集部 このユーザーの他の記事を見る

「Ameblo編集部」公式アカウントです。アメーバブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス