みんなが普段疑問に思っていることを編集部が調査・解決するコーナー「素朴なギモン」。今回は“ネコの豆知識”をご紹介します。

ペットとして長年愛されてきたネコ。ネコといえば高いところに登るのが大好きですが、そこから飛び降りても毎回見事に着地することができますよね。羽が生えているわけでも無いのに、一体どうしてなのでしょうか?

今回は、アレス動物医療センターの沖田将人院長にお話を伺いました。

上手な着地のヒミツは”耳”の中にあり!

――どうしてネコは高いところから着地できるんでしょうか?

「人間や動物の耳には、『前庭』という平衡感覚をつかさどる器官があります。ネコはこの前庭の能力が、非常に優れているんです。そのため高いところから落下しても、空中で自分のいる位置や地面に対する位置感覚をとっさに把握できます。落下している間に身体をひねって4本の足を地面に向け、上手に体勢を立て直して着地できるんですよ。

ちなみに、車酔いの原因といわれているのがこの前庭などへの刺激。車酔いする犬がいるのに対し、この能力が優れているネコは、酔うことはまず無いんです」

「低い場所から落下するほうが危険」…これってホント?

――高いところよりも、低いところからのジャンプのほうがケガをしやすいと聞いたことがあるのですが…。

「そうですね。低過ぎる場合は、体勢を立て直すまでの時間が必然的に少なくなるため、着地に失敗する可能性が出てくるのではないかと思います。反対に、例えば高層マンションの上層階など、極端に高い場所ではどうしても速度がかかり過ぎてしまい、大きな重力がかかるので危険になります。とはいえ、ネコは人間よりもはるかにバランス能力が優れているのは確かです」

落下して骨折することはめったにない

――じゃあ、具体的にどのくらいの高さからなら落ちても大丈夫なんでしょうか?

「ネコによって個体差もあるので、具体的な高さの目安を決めるのは難しいところです。例えば、外で自由に生活していていて運動能力が鍛えられているネコもいれば、ずっと室内飼いで運動量も少なく肥満気味のネコもいます。本来の運動能力を発揮できるかどうかは、そのネコの普段の生活習慣によって変わってくるわけです。ですから、年に数回は落下事故で骨折をして病院に運ばれてくるネコちゃんもいらっしゃいます。交通事故などに比べたら、かなり少ないですけどね」

ネコの能力を過信し過ぎず、飼い主は細心の注意を

ネコの上手な着地の秘密……それは優れた平衡感覚にあったようです。
それにしても、「犬は車酔いするのに対し、ネコは車酔いしない」というのは意外な事実!

飼い主さんは大事なネコちゃんの本来の力を発揮させるためにも、能力を過信し過ぎず、日頃から体型管理や運動に気を付けてあげることが重要といえそうですね。特に高層階に住んでいる場合は、出入口やベランダにも安全の工夫をしておきたいところです。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 mayu このユーザーの他の記事を見る

フリーライター。アザラシとポメラニアンが好き。

得意ジャンル
  • 動物
  • グルメ
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス