先日10月31日はハロウィーンということで、週末だった28~30日に各地でハロウィーンイベントが行われた様子。米カリフォルニア州のロングビーチでは、毎年恒例の仮装した犬と飼い主たちのハロウィーンイベント「Haute Dog Howl’oween Parade
(オート・ドッグ・ハロウィーン・パレード)」が開催され、多くの参加者が集まりました。

子供たちも犬と一緒に参加!

出典 https://www.facebook.com

それぞれハロウィーン仕様に仮装した子供たちが可愛い!

今年で16回目となる犬の仮装大会としては世界最大のこのイベントは、10月30日の日曜日に行われました。500匹もの仮装した犬たちを連れた飼い主も気合の入ったコスチュームで参加し、パレードは45分に及んだということです。

仮装した犬たちの華やかなこと

出典 https://www.facebook.com

飼い主の趣味がわかるような仮装ぶり。

出典 https://www.facebook.com

ライオンね、あるある。

出典 https://www.facebook.com

こちらも別のライオン風に仮装した犬を連れた飼い主たち。衣装は手作りでしょうか。

オリジナリティ溢れるワンちゃんたち

出典 https://www.facebook.com

出典 https://www.facebook.com

こちらも気合が入っています!

コンセプトは何なんだろう?

出典 https://www.facebook.com

筆者が個人的にとっても気になったのは、こちらの飼い主さんと犬。

ポテトを背負っているジャーマンシェパード

出典 https://www.facebook.com

飼い主さんはこの仮装にどんな意図があったのでしょうか。なんだか何でもアリなハロウィーンパレードで、写真を見ているだけでその楽しさが伝わってきます。

フレンチフライとフレンチブルドッグ…ね!

出典 https://www.facebook.com

とってもキュート!

飼い主とおそろいの仮装で出場する犬も

出典 https://www.facebook.com

このハロウィーンイベントはチャリティ活動の一環として行われており、参加者から集められたお金は、レスキュードッグや里親探しの活動金として寄付されます。

出典 https://www.facebook.com

このイベントはもちろん犬を飼っている人がメインですが、犬を連れていなくてもパレードを見学できるようです。大好きなペットの犬たちと楽しいイベントに参加した飼い主たちの笑顔が眩しいですね!

何でもアリのように見える仮装パレードですが、きちんとしたルールもあるようです。「ネイティブアメリカンの仮装はしないこと」と参加者用のサイトには記載されてあり、ネイティブアメリカンへのリスペクトをし、人種や性別など差別のないパレードをすることが目的です。

出典 https://www.facebook.com

ふふ、楽しそう!

Facebookのアカウント「Haute Dog Howl'oween Parade」には、参加者たちの写真がたくさん投稿されています。多くの犬が参加するために、犬のストレスを考えて「犬に絶対仮装をさせる必要はないし、飼い主と普通に歩くだけでも構いません」といった思いやりのパレードとなったようです。

それでも多くの飼い主が様々な仮装を犬に施し、満更でもない顔でパレードを歩く姿はちょっと見もの。年に1度の大きな仮装パーティーだからこそ参加者たちは気合が入るでしょう。

参加者が楽しめるだけでなく、集まったお金を寄付金として世の中の犬のために役立てるというチャリティー精神はとても素敵。

楽しんだ参加者たちも、また来年を楽しみにしていることでしょう。日本でも犬と一緒の仮装パレードがあったらきっと話題になるでしょうね!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス