記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

2016年9月26日(月)米国における研究で妊娠時にみられるつわりの症状のうち、嘔吐や吐き気があった妊婦さんは流産のリスクが有意に少ないということが報告されました。

797人の女性を対象に研究を行ったところ、つわりにおける吐き気や嘔吐が、流産や死産などの妊娠損失リスクを50~75%低下させていたことに関連していたそうです。

そこで今回はこの研究のメカニズムについて、医師に解説をしていただきました。

つわりが流産リスクを低減するメカニズム

今回の研究結果から、つわりによる嘔吐や嘔気が赤ちゃんを保護する可能性があるということが判明したということです。

そのメカニズムとしては、嘔吐や嘔気で食事量が減ることが赤ちゃんが毒素にさらされる危険性を減らす、といった可能性が考えられているようです。

つわりが胎児に良い影響を与える!?

血中インスリン濃度を低下

インスリンは血糖値を下げるホルモンですから、インスリンが分泌されすぎてお母さんが低血糖になってしまうと赤ちゃんにいきわたる栄養にも悪影響を与える可能性が考えられますね。

胎盤の成長を促進

胎盤は赤ちゃんに栄養を与える基盤となるものですので、しっかりと安定した胎盤があることは赤ちゃんの元気な成長に欠かせないものです。

意外なあるある?
▶︎ パパにも"つわり"がおきるって本当!?

医師からのアドバイス

今回のつわりと胎児の流産の確率に関連がある可能性があるという報告は、体質的につわりのあまりない妊婦さんは不安になられることが多くなるかと思います。

しかし、あくまで傾向であってつわりがない妊婦さんからも、健康な赤ちゃんが生まれることももちろん数多くあるということを忘れないでいただきたいと思います。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス