記事提供:LITALICO 発達ナビ

子どもの頃から同級生との交流が苦手な娘は、いつもひとりぼっち。家では明るく振舞っていても、学校では、自分を発揮する事ができません。

きっかけは転校先での言葉遣いでした。繰り返される陰湿なイジメ。娘にとって、学校生活は苦しい事ばかりでした。今回は、娘の小学生時代の事をお話します。

転校を機に変化に戸惑う小4の娘。大きな壁となったのは方言だった

22歳でアスペルガー症候群と診断された娘は、小学校高学年から続いたいじめにより、神経性食欲不振症、不登校、被害妄想、幻聴幻覚、解離などの二次障害が現れ、現在は入院中です。

今回はこの二次障害のきっかけとなった、小学生時代のお話です。

娘は赤ちゃんの頃から元気がよく、明るくて三枚目タイプ。いつも楽しい事をして、家族を笑わせてくれていました。ところが、幼稚園に通う頃になると、お友達との関わりが少し苦手なように見えました。

けれどもずっと1人で過ごすことはなく、小学校低学年の頃までは、お友達と遊ぶこともできていました。仲の良いお友達もいて、いじめられた事はありませんでした。

娘が小3を終えた3月末に、主人の転勤で関東から九州へ引っ越しをしました。転居してまず驚いたのは、方言でした。その口調は怒っているように思え、なんだか叱られているような気がするのです。

言葉に慣れるのには、かなりの時間がかかりました。そんな中、引っ越し後に初めて登校した小4の始業式で、みんなの前で自己紹介をした娘は、「言葉が変っちゃ!」と笑われてしまいました。

しかし、標準語が変だと言われても、どうしようもありません。みんなが方言で話す中、方言を知らない娘は標準語をからかわれ、その上なぜか「組長」とあだ名をつけられ、それ以来いじめの対象になったのでした。

まもなく、娘は、「学校に行きたくない!」と言いだしました。

理由を聞くと、「言葉が変だと言われるし、給食の量が多すぎて食べられないから嫌だ」と言うのです。どうやら、毎日給食が食べられず、昼休みまでかかって食べている様子。

この学校では給食を完食しないといけない規則で、時には5時間目まで食べているそう。前の学校では、食べられない時は残しても良かったので、給食が嫌いではなかったのですが…。

以前の学校でも、言葉で表現する事が苦手な娘でしたが、からかわれても言いたい事が言えず、加えて給食の時間も嫌で仕方なく、事態は深刻でした。

私は毎朝、祈るような気持ちで娘を学校に送って行きました。どうか、娘がみんなと仲良くなれますように…今日1日、楽しく過ごせますように…。あのときの、とても寂しくて辛そうな娘の後ろ姿は、今でも忘れられません。

2週間くらい一緒に登校すると、そのうち娘は1人で登校できるようになり、私はホッとしました。けれどもそれは、すべての事の発端(神経性食欲不振症、不登校、被害妄想などのきっかけ)であった事を、当時の私は知る由もありませんでした。

漢字練習で気づいた、担任の厳しさ。相談を持ちかけるもその返答は…

不安な1年が過ぎ、娘は5年生になりました。担任の先生は教育にはとても熱心で、毎朝10分間テストから、1日が始まるようでした。

ある日帰宅した娘が、必死になってノートに何か書いていました。よく見ると、朝の漢字テストで間違えた漢字を書いているようでした。

その夜、寝る時間になっても、娘はまだ漢字を書いていたので驚きました。「どうしたの?」と尋ねると、「漢字を1000回書かないといけない…」との返事。

聞くと、明日までに間違えた漢字を1000回書いて提出しなければいけないようです。しかも、間違えた漢字1文字ごとに1000回なので、2文字間違えると2倍の計算です。

娘は、徹夜で間違えた漢字を1000回書き、翌朝眠そうに登校しました。私は、どうしても納得できず後日、連絡帳に「いくらなんでも多すぎるのではないか?」と書いて担任に訴えましたが、何の返答もありませんでした。

他にも娘の事で相談したかった私は、その後担任との面談を申し出ました。面談では、漢字練習の目的や、前の学校では給食は残しても良かった事、クラスの子どもたちにからかわれている事などを相談しました。

しかし担任の言葉は、私の期待と全く異なるものだったのです。

「漢字を1000回書くのが嫌なら、間違えなければ良いのです。給食は、この学校では完食しなければいけない規則になっています。いじめられるのは、いじめられる側に問題があるのです

この冷たい言葉に驚きを隠せませんでした。教育熱心なのはわかりますが、子どもの側に立って考えず、自分の理念だけを押しつける態度に、私は打ちのめされ失望したのでした。

担任は6年生も持ち上がりだったために状況は改善されず、娘はますますクラスから孤立していきました。私は、その後何度も担任に相談をしましたが、状況は変わりませんでした。

母親1人の意見など通らないのだと、このとき痛感した私は、出張先の主人に相談しました。すると主人は、すぐに東京から市の教育相談室に電話をかけてくれたのです。

教育相談の方からは、「担任のしている事はおかしいから、直接校長に話をして下さい」とアドバイスされ、やっと校長との面談が決まったのでした。

夫婦で校長と面談。話し合いで見られた変化は、担任教師の態度だけだった

校長との面談は、放課後に校長室で行われました。母親の私だけでは話も聞いて貰えないだろうと考え、当日は、東京から主人にも来て貰い、2人揃っての参加です。

娘の担任は、出席するか分からないと聞いていましたが、部屋に入ると、校長の後ろに立っていました。その様子は、普段私に見せている態度とは、うって変わって、とても小さくなっているように感じました。

私たちはこれまでの経緯を、校長に伝えました。校長は頷いて私たちの話を聞いた後に、担任にそのような話があったのかどうかを確認しました。すると担任は、まるで私たちの話を今初めて聞いたかのような顔をして、驚いて見せたのです。

これには呆れてしまいました。これまで何度となく相談してきたにもかかわらず、私の訴えはなかったことにされたのでした。

校長との面談後も、大きな状況の変化はありませんでした。漢字練習は改善されましたが、給食は全校生徒が頑張って食べているので、娘にも完食するようにして欲しいと念を押されたのです。

いじめについては、標準語をからかわないようにクラスの児童に注意するとの事でしたが、結局、娘にとっては仲間はずれにされたり、陰でいじめられ、辛い思い出ばかりの学校生活となりました。

小学校の卒業式を迎え、子どもたちに願うこと

3月、娘は小学校の卒業式を迎えました。慣れない土地で、言葉や方言に戸惑いながら、校則の違いにも翻弄され、同級生の中にもうまく入れずにいましたが、娘なりにとても頑張ったと、私は心の中で拍手をしていました。

「辛かった経験をバネにして、どうか今後も力強く生きて欲しい。あなたの頑張りは、きっと道を開くはず。大丈夫!人生で役に立たない事は、何1つないのだから…」卒業証書を受け取る娘に、私はエールを送っていました。

教師が、クラスの子どもたち1人ひとりをきちんと受け入れて理解し、その子に合わせて対応をする事は、とても容易な事ではありません。教師と生徒、お互いの心が繋がり、信頼関係を築く事は、更に難しい事だと思います。

子どもが十人十色なら、大人の教師だって同じこと。教師によって、考えや指導の仕方も異なる事でしょう。

けれども、教師の偏った考えで、数10人の子どもたちを支配する…そんな事があってはならないと思います。親として、大切な我が子を学校に預けている以上、楽しく元気に学校生活が送れるようにと望むのは、当たり前だと思います。

子どもたちが自分の力を発揮でき、それぞれの道を進んで行けるよう、私たち親だけでなく、学校や教師も変化していかなければならないと思います。

娘のように、自分が辛くてもその気持ちをうまく表す事ができない子どももいます。こうした子どもたちは、抑えていた気持ちが身体や心に様々な症状として現れてしまいます。

そうなる前に、周りの大人が変化に気づき、症状が大きくならないうちに、子どもたちを守らなければならないと思います。それは、学校に行きたくないと言えない子も言える子も、どちらも。

娘は、現在、二次障害で入院しています。

どうか、娘のように二次障害で苦しむ事のないよう、いま辛い気持ちを抱えたまま闘っている全ての人たちが、大切な存在として守られることを、願ってやみません。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス