うのたろうです。
冬ですね。冬といえば、恋がしたい季節です。

そして、冬、恋といえば「JR SKI SKI」のCM。甘くて酸っぱいCMとキャッチコピーが残る日本の冬の青春特急。

この時期に気になるのは、今シーズンのCM女優が誰なのかということと、今年のキャッチコピーはどれだけぼくやわたしをキュンキュンさせてくれるのかということです。

というわけで。
本日は、そんな「JR SKI SKI」の歴史と、2016年~2017年シーズンのCM女優予想をお送りいたします。

たぶん、今年は……

「JR SKI SKI」っていったいなに?

「JR SKI SKI」はガーラ湯沢スキー場の集客キャンペーン。毎年、旬の女優と、心に残るキャッチコピーが印象的な、日本の冬の風物詩的な存在です。

このキャンペーンはもっとわかりやすくいえば「1990年に開業したスキー場とJR東日本がタイアップしてお客さんを呼びこもうという考えのもとにおこなわれたツアー旅行のパッケージ商品のひとつ」といえます。

そんな「JR SKI SKI」のキャンペーンが初めて開催されたのは1999年のこと。

ただし当初は「JR SKI SKI」という名前ではありませんでした。当時のJR東日本が採用していた「TRAiNG」というキャッチコピーと合体させて「SNOW TRAiNG」という名前のキャンペーンをおこなったのです。そこから、この「JR SKI SKI」のキャンペーンの歴史が始まります。そして……

「JR SKI SKI」の歴史

①いきなり終了

そんな「JR SKI SKI」ですが、その後はなぜか沈黙してしまいます。

ちーん。

まあ。
完璧に沈黙したわけではありません。
厳密にいえば、1999年にスタートしたキャンペーンなのに、なぜか2000年~2005年のあいだそのキャンペーンが忽然と姿を消してしまったのです。

もっとも、前年度に立ちあげたシリーズのキャンペーンをおこなわなかっただけで別の形でタイアップの切符やツアー旅行商品などの販売やPRはおこなわれていました。いろいろな形を試行錯誤していた時期ということでしょうか?

そのときは年を追うごとにダチョウが成長していくという内容のCM(REBORNシリーズ)を連作という形で毎年おこなっていました。このシリーズは5年続きます。そして……

その沈黙がやぶられることになったのは2006年のシーズンです。

②そして復活

2006年。
復活します。しかもこのときには「JR SKI SKI」という名前になって。この復活は、じつに8年振りのことになります。

そのときにはオリジナルキャラクターの「スノーウィー」が登場、さらに旬のタレントとして木村カエラがキャンペーンガールに選ばれました。そのときのキャッチコピーは……


「なんでもありでsnow」


なかなかキャッチーで耳と心に残るコピーですよね。しかし……

③また沈黙

この翌年の2007年~なぜかまた規模が縮小されてしまいます。一年がんばると、翌年には燃え尽き症候群にでもなってしまうのでしょうか? なにはともあれ、またの沈黙がおとずれます。

そしてこの沈黙から4年後の2011年。今度こそ、本当に復活です。


「PLAY SNOW! JR SKI SKI」


そのときはタレントの起用やCM放映はおこないませんでした。しかし、当時、日本でも大ブレイクしていたFacebookとの連携を中心に大々的なキャンペーンを売ったのです。その甲斐あって……

④今度こそ復活!

2度目の復活をとげた「JR SKI SKI」ですが、このシーズンから今現在(2016年)の形のCMになりました。コンセプトは……


旬の若手女優 + 耳と心に残るキャッチコピー


最初の女優に選ばれたのは……

2012年~2013年/本田翼「青春は、純白だ。」

【女優】本田翼
【キャッチコピー】青春は、純白だ。


当時まだあまり世間に浸透していなかった本田翼を有名にしたCMといえるのではないでしょうか。ぼくも、このCMでこの女優の名前を知りました。そして翌年……

2013年~2014年/川口春奈「ぜんぶ雪のせいだ。」

【女優】川口春奈
【キャッチコピー】ぜんぶ行きのせいだ。


ここでも当時まだマイナーだった川口春奈という女優が起用されました。それまでも数々のテレビドラマやCMなどに出演していたので顔と名前が一致する人物でしたが、それにもましてこのキャッチコピーが秀逸だなというのが個人的な印象でした。

冬×男女

ぜんぶ雪のせいだといわれると、すっと心にはいってきます。彼女は本田翼ほどの大ブレイクというわけではありませんが、しっかりと安定した女優としての地位をこのCMで築けたといえるのではないでしょうか。そして、その勢いをつけて翌年は……

2014年~2015年/広瀬すず「答えは雪に聞け。

【女優】広瀬すず
【キャッチコピー】答えは雪に聞け。


これもすさまじいコピーですよね。このころの広瀬すずは、当時の本田翼、川口春奈よりも知名度が高かったような印象でした。そして、やはり彼女はこのCMをきっかけに大ブレイクして数々のドラマ出演や映画での主演を果たしています。そして、その翌年……

2015年~2016年/山本舞香&平祐奈「そこに雪はあるか。」

【女優】山本舞香、平祐奈
【キャッチコピー】「そこに雪はあるか。」


このシーズンは主演女優やキャッチコピーというよりも、ダブルで主演というインパクトが話題になりました。山本舞香、平祐奈がからんだ三角関係をそれぞれの視点から見ていくという、見ているこっちが恥ずかしくなってしまうほどの青春が詰まったCMになっていました。この2人の今後の活躍が期待されます。そして、いよいよ……

2016年~2017年の予想は?

このならび方を見てわかるように、その年の旬な若手女優が起用される傾向にあるようです。

そして、年齢は低め。
また透明感のある女優が選ばれる傾向にあるともいえます。

そのなかで、まず2016年度に活躍した若手女優をピックアップしてみました。


・高畑充希
・波瑠
・松岡茉優
・土屋太鳳
・吉岡里帆
・中条あやみ
・福原遥
・小松菜奈
・桜井日奈子


このあたりでしょうか。
そのなかで年齢が低めの女優にしぼりこむと……


・土屋太鳳
・吉岡里帆
・中条あやみ
・福原遥
・小松菜奈
・桜井日奈子


あたりでしょうか。
ですが、このなかで土屋太鳳はすでに大ブレイクを果たしています。小松菜奈は今までの傾向から顔のテイストが例年の「JR SKI SKI」のイメージキャラクターと違うかなという印象です。
福原遥は子役のころにプチブレイクを果たしていますが、一般にはあまり浸透していないうえ、顔のテイストが例年のイメージキャラクターの雰囲気ともマッチしている印象です。
そのため、2016年~2017年の「JR SKI SKI」のCM女優は、福原遥、中条あやみ、小松菜奈、桜井日奈子あたりかなと個人的には予想しています。

あるいは、ちょっぴり趣旨を変えて年齢層が高めの女優である波瑠吉岡里帆松岡茉優などを起用して「白雪ひめに憧れて。」みたいなキャッチコピーでウエディング系やプロポーズ系のCMになるのもおもしろいのかなと個人的に思ったりもします。

ちなみに。
2016年~2017年の「JR SKI SKI」のCM女優予想にかんしてネットでの声は……

2016年~2017年シーズン~Twitterでの声は?

やはり寒くなってくると、みんなCM女優が気になってくるようです。

Twitterの予想の声では「中条あやみ」という噂が最有力のようです……

まとめ

冬になると、むしょうに恋がしたくなります。
そしてその恋の背中を押してくれるのがドキドキするほどの透明感のある白。そして雪の存在です。

単純だけれど、心のなかは複雑で、真っ白のキャンバスに男と女がぽんと投げだされる。そこでうまれる色の変化や色の交わり。それがきっと青春です。

さあ。
今シーズン、あなたは白いキャンバスを好きな人と、どんな色に染めますか?

心と頬のように、ピンク色に染まればいいかな?

そして雪が溶けて春になったときに、その色とおなじ桜がおなじ場所から見られますように。

桜行きの雪の超特急にのって。
うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス