既に海開きをした所もあり、いよいよ夏が本格的に到来しようとしています。夏と言えばキャンプ!全国のキャンプ場は毎年盛況ですし、キャンプ好きの友人がいるという方も多いかと思います。ですが、本格的なキャンプをしたいなら、そこら辺にあるキャンプ場は卒業し、ここに行きましょう。

無人島です!

和歌山県と淡路島の間に位置する友ヶ島という無人島群はフェリーで簡単に行くことができる無人島なんです。この無人島はキャンプができるだけでなく、廃墟があったり、マリンスポーツを楽しむこともできます。手軽に行けてアクティビティが充実してる無人島なんて、キャンプ好きじゃなくても行きたくならないワケがありません!

出典 http://en-nichi.seesaa.net

夏のシーズン(7/20-8/31)は和歌山県の加太港からフェリーが毎日出ています。

それでは友ヶ島の魅力を1つずつ紹介していきます。

大自然の中でのキャンプ

出典 http://www.360navi.com

島内のキャンプポイントは2ヶ所あります。

出典 http://www.tomogashima.com

井戸もありますが水を飲むことはできません。

出典 http://ichimannet.blog.so-net.ne.jp

島内には孔雀やリス、シカなどが生息しています。あまり数は多くないので遭えたらラッキー!?

ラピュタのような廃墟

友ヶ島には戦時中に建てられた砲台などの軍事施設が多く残されており、まるでラピュタにでてくるお城のような要塞の中を歩くことができます。

マリンスポーツも充実

無人島の友ヶ島はマリンスポーツだって充実しています。目の前に広がる一面の海で、魚釣りや素もぐり、磯遊びはもちろんのこと、海水浴やシュノーケリングなども楽しめます!

出典 http://www.uminoya.com

ウェイクボートだって楽しめちゃいます!

出典 http://tanago.cocolog-nifty.com

釣った魚をそのまますぐにBBQで食べれるのも友ヶ島ならではですね。

いかがでしたか?この夏にキャンプに行こうと思ってる方も、何をしようか迷っている方も、ぜひ騙されたと思ってこの友ヶ島に行ってみましょう!きっと今までにない楽しみがあなたを待っているはずです。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス