「知らない人とお話しちゃダメよ」

小さな子供に私たちはいつもこう話して聞かせています。危険から子供たちを守るためです。今回は、アメリカ、ジョージア州発、小さな女の子が、不思議な力に導かれ、見知らぬ老人に声をかけたことから、思わぬ展開に発展したというお話です。

出典 https://www.facebook.com

この女の子がノーラちゃん、4才です。ジョージア州在住のタラ・ウッドさんは、娘のノーラちゃんとある日スーパーマーケットで買い物をしていました。店内ではたくさんのお年寄りが買い物をしていましたが、なぜかノーラちゃんの視線はある一人の老人でぴたりと止まったのです。

「おじいちゃん、こんにちは!きょうはわたしのおたんじょうびなの!」

出典 https://www.facebook.com

一瞬眉をひそめたように見えた老人ですが、自分が小さな女の子から声をかけられているとわかるやいなや、その表情はすぐに和らぎました。

「おじょうちゃん、いくつになったの?」
こんな風に少しだけこの老人とノーラちゃんは言葉を交わし、「さようなら」を言って別れたのでした。

しかし、ノーラちゃんは、どうしても「あのおじいちゃんと一緒に誕生日の写真が撮りたい」と言いました。考えてみれば不思議な話です。

幸い老人はまだ店内にいました。ノーラちゃんとツーショットを撮らせてもらえないかとお願いすると、最初は驚いた様子の老人でしたが、「もちろんだよ」と快く一緒にカメラにおさまってくれました。

うれしそうなノーラちゃん

出典 https://www.facebook.com

これがその時の写真です。

出典 https://www.facebook.com

思いきり老人をハグして、うれしそうなノーラちゃん。

親子が老人にお礼を言うと、
「お礼を言いたいのはこちらの方だよ。こんなに幸せな気持ちになれたのは久しぶりなんだ。ノーラちゃん、ありがとう」
老人の目には涙が溢れていました。

Facebookで2人の写真をみた女性がタラさんに連絡

Facebookにタラさんは、この写真とこの日あったことを投稿しました。すると老人を知るというある女性からメッセージが届いたのです。

老人の名前はダンであること、今年の春に長く連れ添った妻を亡くしたばかりであること、ひとりぼっちになり気持ちが落ち込む日が続いていたことなど、が書かれていました。そして、あんな笑顔のダンさんを見たのは久しぶりだったとも。そこにはダンさんの連絡先も添えられていました。

あの日撮った写真を届けにダンさんの家へ!

出典 https://www.facebook.com

はじめての出会いから10日ばかり経った日、タラさんとノーラちゃん親子はダンさんの家を訪れました。ノーラちゃんの手には、しっかりあの日撮影したダンさんとのツーショット写真が握りしめられていたのです。

出典 https://www.facebook.com

スーパーで出会ったあの日以来、ダンさんもまた可愛いノーラちゃんのことを考え続けていました。

出典 https://www.facebook.com

この間まで見知らぬ他人だったダンさんですが、今ではすっかりノーラちゃんファミリーの一員になり、その後もしばしば一緒にランチをしたり、家を行き来したりしているそうです。

写真を抱えて寝落ちしちゃったノーラちゃん

出典 https://www.facebook.com

親友のダンさんが大好きなのですね!本当に可愛いノーラちゃんの穏やかな寝顔がダンさんの寂しい心を癒してあげているに違いありません。

82才の誕生日を一緒にお祝

出典 https://www.facebook.com

最初に出会った日のダンさんとは別人のようにハンサムになっていますね。髪を切り、ひげを剃り、良い香りのするアフタ―シェーブローションもつけて身なりもすっかりダンディーになった理由。それは、ノーラちゃんから再び生きる希望と目的をもらったからなのです、とダンさんは、語っているそうです。

出典 https://www.facebook.com

お誕生日にはノーラちゃんの妹マリーゴールドちゃんも一緒です。

妻を亡くし1人ぼっちで傷心の日々を送っていた老人。その老人の瞳の中に、何かを見て感じた4才の女の子。奇跡の出会いが、2つの家族を結び、普通ではあり得ない78才も年が離れた2人の間に友情が生まれました。

町や店で、1人でいるお年寄りとすれ違っても、まるで透明人間でもいるかのように、人々は通りすぎてしまいます。誰とも話すことなく何年も過ごしていたり、笑うことも忘れてしまったり、家に誰かが訪れることさえ無かったり、そんなお年寄りがたくさんいます。

子供の透き通った心のフィルターには、そんなお年寄りの寂しさが、はっきりと映っているのかもしれません。

「おはよう」や「こんにちは」そんな挨拶だけでも良いのです。お年寄りに声をかけてあげるだけで、その日一日を明るく過ごせるかもしれない、そう思うのです。無理をすることはありません。でも、誰かに話を聞いてもらいたい、そう思っているお年寄りがたくさんいることを覚えておいてください。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス