日本は清潔感というのはとても重要視する国なので、食べ物が売られているお店に猫がいて、その猫が食べ物の上にどっかりと座っているという光景は、まず見られないでしょう。

もし、そんな店があれば「アレルギーの人もいるのに」「動物が食べ物を扱う店の中にいるのは不衛生」と恐らく客からの苦情が殺到すると想像できます。

しかし、海外では食べ物を扱う店でも猫を置いているという光景を目にします。特に米ニューヨークでは、「ネズミが店内にいるよりも猫がいた方がいい」と思う人が多いようで、猫が店内にいるコンビニエンスストアも少なくありません。

ニューヨークで「ボデガ(Bodega)」と呼ばれる個人経営のコンビニエンスストアでは、ネズミ除けに猫を置いている所がほとんどで、ネズミが多いニューヨークに住む住民たちにとっては「店内に猫」は暗黙の了解となっていました。

しかし、このほど「Yelp」という大手のレビューサイトに1人の女性がある書き込みをし、ネット上は批判の嵐となりました。ダイアナ・Dと名乗るその女性はレビュー欄に

「この店では以前にサンドイッチを買ったことがあって結構美味しかったわ。でも今日、サンドイッチを買おうと立ち寄ったら、店内に猫がいるじゃない。店の真ん中に置かれたビールのケースの上で堂々と昼寝してるのよ。猫アレルギーの人もいるし、衛生基準に反してるんじゃないかしら

と綴り、店の評価を最低ランクにしました。

すると女性に批判が相次いだ…

女性は真っ当なことを述べているのですが、ニューヨーカーたちは「店に猫がいる理由を知らないの⁉」「あんたは、猫よりネズミがいた方がいいのか」「猫のいないボデガは信用できない」といった声を寄せています。

そう、猫は仕事をしているのであった

ボデガにいる猫たちは、ネズミ駆除のために置かれているのですが、なにしろ猫なので狭いところが好きということで、棚の中に入ったりして昼寝をしていることも多い様子。

確かに店内にネズミが駆け回っているという光景は、決して衛生的とは言えません。

しかし、これはいかがなものか…

これは…まず日本では絶対にあり得ない光景といえるでしょう。

しかしボデガキャットの存在をよく理解している人たちは、「どうせ食べ物は食べる前にちゃんと洗うんだから、大した問題ではない」と思っているようです。

ところが『The New York Times』によると、やはり猫を置いているボデガは罰金を払わなければならないのだそう。罰金は300ドル(約31,000円)~2000ドル(約200,000円)の範囲とされています。

ただ、猫を置かずにネズミが出た場合でも、店は罰金を支払わなければならないので、店側としては難しいところ。

ニューヨーク市衛生管理局では「人が消費する食べ物の周りにいかなる動物がいても不衛生である」としています。

ただ、専門家は「猫の匂いがすると店にネズミが寄ってこないケースが多い」と、ボデガではいかに猫がネズミ駆除に役立っているかを述べています。

ブルックリンの、とあるボデガの店主は「以前は、夜店が閉まっている間に毎日ネズミが来ていたんだ。翌朝には商品の袋が齧られたりしていて大損だった。でも猫を飼い出したら2週間も経てばネズミがいなくなったんだ。奇跡だよ」と猫の存在の有難さを実感している様子。

罰金を支払うことになっても「ネズミが出るよりはいい」と思う店主が多いようです。そしてやはり「猫は家族」と強く思っている店も。

罰金を払ってでも猫を置くボデガでは、獣医院でしっかりと健康状態を確認した猫を置くことを義務付けられています。

「猫の毛よりももっと酷い病気になる」

「猫を置かないとネズミの病原菌が食べ物に散ってしまうために、猫の毛うんぬんよりも、もっと危険な病気になる可能性もある」とある店主は話しています。

とはいえ、やはり猫アレルギーの人にはこうしたボデガはキツいの一言でしょう。ただ店側にも一理あるために、どちらがいいか悪いかの批判は難しいのではないでしょうか。

ほとんどのニューヨーカーは、ボデガキャットの存在を認めているようで、なんとボデガキャットのInstagramまであるほど。

「Yelp」に投稿したダイアナさんのレビューは、批判が相次いだためにその後削除されています。消費者として当然の衛生管理意識を持ったダイアナさんに冷たい批判を投げかけたニューヨーカーたち。

納得いかないと思う人もいるでしょうが、恐らく市内にネズミがどれほど多いかという問題を認識した上での批判だったので、こちらも一理あるといえばありますね。ボデガ側にとっては、やはり猫はなくてはならない存在なのでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス