体は「鹿」、尾は「牛」、蹄は「馬」、額は「狼」。頭には、肉に包まれた一本の角があり、体の毛は黄色、背には五彩の毛がある…中国古代の想像上の獣「麒麟」をモチーフに作られた、緻密かつ繊細な切り紙クラフト。

制作したのは、切り紙クラフト作家“しざーはんず“さんでして、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から始めたという(笑)…この「切り紙クラフト」は完全我流!全て独学で学んだのだとか。

また、全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切ること」だと語るしざーはんずさん。中には、↑の作品のように、1ピース、糊付け無しの作品も!

これが下描き無しで作られているだなんて…とても信じられませんよね。

コチラはハロウィンを意識して制作したという「ドラゴン」。3枚の色紙を重ねて作られた炎。今にも動き出しそうな造形。さらに驚きの指先サイズ!もはやお見事としか言い様がありません。

では、思わず見入ってしまうハサミック・ワールド。どうぞお楽しみ下さい!

ハシブトガラス

紙だけで表現されているとは思えない立体感。今にも動きだしそう。

チャボ

ジャンルを問わず「生き物」が大好きだというしざーはんずさん。だからこそ、ここまでリアルに作る事が出来るのでしょうね。

キンケイ

「そこまでやる!?」

と思ってしまうほど作り込まれた作品の数々。しかも手の平サイズですから2度ビックリ!

エンマコオロギ

昆虫はやはりお手の物!

ザリガニ

色彩センスも抜群!

ウナギ

ウナギの手前には幼魚「シラスウナギ」も!本当に緻密で繊細ですね。

ブラックバス

めちゃくちゃ欲しい。

アナホリフクロウ

全ての作品に言えるのですが、表情、特に「目」が秀逸!

モグラの骨格

骨格標本もたくさん制作しているしざーはんずさん。所有するTwitterアカウントには恐竜等の骨格標本がいっぱい!

ヤックル(もののけ姫)

ジブリファンなのか、時々、登場するジブリキャラの「切り紙クラフト」。これはジブリファン必見です!

ススワタリ(千と千尋の神隠し)

金平糖を持つ「ススワタリ」。(笑)

ロボット兵(天空の城ラピュタ)

コチラは「天空の城ラピュタ」を守るロボット兵。肩にはキツネリス。そして、指先には一輪の花。凄い!凄すぎる!

いかがでしたか?

個人的に一番、魅了されたのがコチラの「ヒトスジシマカ」。血を吸っている最中の姿を見事に再現!さらに…

叩き潰した姿も完璧に再現!(笑)

これはもっともっと評価されてもいいような気がするのは私だけでしょうか?

11月に東京ビッグサイトで開催される「デザインフェスタ」に出店予定だというしざーはんずさん。興味を持った方、魅了された方は是非!東京ビッグサイトに足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事は権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス