■大麻所持容疑で逮捕された高樹沙耶さん

先日、沖縄の石垣島にて、大麻取締法違反容疑で逮捕された、元女優の高樹沙耶さん。連日のように描くメディアで取り上げられ大きな話題となっています。そんな中、今回の逮捕とは全く関係ないのに、とばっちりを受け話題に上がっている方がいらっしゃいます。

その人というのが…

▽シンガーソングライターの中西圭三さん

出典 http://www.runningmantokyo.com

中西圭三(なかにし けいぞう)、1964年11月11日生まれの51歳。

そのとばっちりを受けているのがこの方、シンガーソングライターの中西圭三さん。10月26日のYahoo!検索に於ける人物部門のランキングでは、1位に高樹沙耶さん、そして10位に中西圭三さんの名前が登場しました。

なぜ高樹沙耶さん逮捕のニュースで彼の名前があらゆる場所で取り上げられているかというと、実は1998年にお二人は結婚されていたんですね。

その後、2000年には離婚されており、それから16年。二人の名前は知っていても、結婚されていた事実を知らなかった(忘れていた)方も多い中で、元夫として様々なメディアに名前が登場し、今回のランキング入りとなったようです。

■Twitterでも話題に

この様に、”高樹沙耶”というフレーズから、中西さんの事を思い出したという方が多くいらっしゃいました。

■そんな中西さん、実はあの名曲の作った方でもあります

▽歌い継がれる名曲「Choo Choo TRAIN」

出典 https://www.amazon.co.jp

先日までLDHの代表取締役社長を勤めていたEXILEのHIROさんも所属したいた、ダンス&ボーカルユニット「ZOO」の4枚目のシングルCDである「Choo Choo TRAIN」。JR東日本「JR Ski Ski」(1991-1992)のCMソングに起用された同曲は、オリコンチャート最高位3位、約105万枚の売上を記録しました。

その後、2003年にEXILEにもカバーされ、同グループはこの曲で初めて紅白歌合戦に出場。特徴的なダンスとともに、誰しもが知るこの名曲の作曲を担当したのが、何を隠そう中西圭三さんなんです。

ちなみに、ZOO版のChoo Choo TRAINには、中西さんご自身もコーラスで参加されているんですよ。

出典 YouTube

こちらはEXILEバージョンの動画。

その他にも、実は中西圭三さん作曲で大ヒットした曲はたくさんあり…

▽ブラックビスケッツの「タイミング」

出典 http://basement-times.com

日本テレビ系列で放送されてた「ウッチャンナンチャンのウリナリ」内で、ビビアン・スーさん、南原清隆さん、天野ひろゆきさんの3人で結成された「ブラックビスケッツ」。同グループ史上一番のヒットであり、累計売り上げは約148万枚を記録した「Timing(タイミング)」も、実は中西圭三さんの作曲でした。

ちなみに、同曲はビビアン・スーさんの出身地である台湾でも発売され、同所の音楽ランキングで週間1位を記録しました。

■JPOP以外には、子供たちに人気のあの曲も…

▽ぼよよん行進曲

出典 http://rakuma.rakuten.co.jp

▽ぱわわぷたいそう

出典 http://emuh.cocolog-nifty.com

子供たちに大人気の番組”おかあさんといっしょ”で歌われ、スペシャルコンサートなどでも盛り上がる「ぼよよん行進曲」や、2013年末まで体操のお兄さんと踊る曲として採用されていた「ぱわわぷたいそう」なども、実は中西圭三さんによるもの。同年末に放送されたクリスマススペシャルでは、中西さんご本人が登場し生で歌声を披露されました。

■現在はというと…

実は今年が、デビュー25周年。

出典 http://www.riseupagainkumamoto.com

今年がアーティスト活動25周年である中西さん。先ほど紹介した、「Choo Choo TRAIN」「タイミング ~Timing~」「ぼよよん行進曲」のセルフカバーも収録したベストアルバム「All Time Best~KEIZO's 25th ANNIVERSARY」を9月7日にリリースされています。

▽こんなプロモーションも展開

出典 YouTube

25周年を記念して発売されたベストアルバムを、ジャパネットたかたの通販番組のように自ら宣伝する動画を公開。

撮影はジャパネットたかたの通販番組で実際に使われている都内のスタジオで行われ、ジャパネットグループのCMを制作するジャパネットメディアクリエーションのクリエイティブチームが全面協力したモノ。完全に本物仕様です。

▽25周年記念ライブも開催

出典 http://www.keizo.jp

11月10日には東京・ステラボールでアニバーサリーライブ「~KEIZO NAKANISHI's 25th Anniversary & 52nd Birthday Live~ 祝宴 -UNITE! 全員集合!-」を開催することも決定

出典 http://natalie.mu

その他にも、以前からチャリティーなどにも力を入れており…

▽先日開かれた熊本震災復興支援イベントに参加

出典 http://www.riseupagainkumamoto.com

人 Man、物 Material、金 Money。
人が集い、物が動き、復興資金が生まれる。3MでDISASTER(災害)RECOVERY(復興)する。被災された方々と熊本・阿蘇に「エンターティメントの力」で「元気」と「勇気」の復興を。

出典 http://www.riseupagainkumamoto.com

このようなコンセプトで開催された復興イベント「RISE UP AGAIN KUMAMOTO」に参加されました。翌週14日には、「阿蘇支援 中西圭三 チャリティー コンサート」も開催。
収益の一部を、先の震災で大きく破損した「阿蘇神社」に奉賛(募金)されています。

▽「オレンジリボンキャンペーン」にも注力

出典 http://www.fururu.net

児童虐待の啓蒙活動である「オレンジリボンキャンペーン」にも積極的に参加されています。

2007年には、オレンジリボン運動の趣旨に賛同し、キャンペーンソングとして「Here I am」を制作して以来、毎年岡山市のオレンジリボンキャンペーンに参加。
2012年6月には、岡山市民の日制定記念、岡山市民の詩として「絆-KIZUNA-」を制作。また、福祉施設訪問ライブなどチャリティー活動への参加も行い、地域や国境さらにはさまざまな境遇を超えた音楽でのコミュニケーションを目指して精力的に活動を続けている。

出典 http://www.okayama-tbox.jp

出身地である岡山県でも精力的に活動。

この様に、まだまだ精力的に活動を続ける中西圭三さん。

25周年の節目である年に、予想もしなかった流れからお名前が話題になってはしまいましたが、中西さんを知る世代でなかった方々にも、改めて素晴らしいアーティストである事が知れ渡るいいきっかけになればいいですね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス