また発生!目黒の「ストーカー殺人」事件。

またもや発生してしまった「ストーカー殺人」事件。9月から行方不明になっていた東京都目黒区の中元志織さん(24)が、元交際相手の佐賀慶太郎容疑者(50)によって殺害され、遺体を排水溝や荒川、利根川に遺棄。

中元さんは今年7月ころから、警視庁にストーカー被害の相談をしていました。

昨年11月、中元さんはバイト先で、客として知り合った佐賀容疑者と交際し始めました。
佐賀容疑者の自宅アパートで同棲もしていましたが、別れた後の今年5月ころから、佐賀容疑者によるストーカーが始まり、7月には中元さんへの暴行事件で逮捕もされていました。

出典 http://laughy.jp

中元さんが佐賀容疑者から、60万円ほどお金を借りていたことも判明し、金銭トラブルによるストーカー殺人を視野に入れ、捜査を行っています。


※写真はイメージです。

Licensed by gettyimages ®

佐賀容疑者は、自宅浴室で中元さんを殺害し、遺体を切断、そして埼玉県の荒川と千葉県の利根川、さらには排水溝に流したと供述しています。


※写真はイメージです。

記憶に新しい「三鷹ストーカー殺人事件」

近年よく報道される「ストーカー殺人事件」。今回の目黒ストーカー殺人を知り、私たちの記憶に新しく痛ましい「三鷹ストーカー殺人事件」を連想する人も多かったことでしょう。

Licensed by gettyimages ®

2013年10月に発生した東京都三鷹市の女子高生ストーカー殺人事件は、高校3年生の鈴木沙彩さん(18)が、ナイフで刺されて殺害されました。

逮捕されたのは、職業不詳の池永チャールストーマス(21)。交際相手だった鈴木さんと、交際をめぐっての恨みがあり、トラブルとなって殺したと供述。


※写真はイメージです。

Licensed by gettyimages ®

殺された鈴木さんは、実家がたくさんの土地を持つ資産家。親や親せきは芸術一家でもあったようです。高校生であった鈴木さんは、芸能事務所にも所属し、映画やドラマデビューも果たしていました。


※写真はイメージです。

ふたりの出会いはフェイスブック。池永被告が鈴木さんの相談に乗ったことがきっかけだったそうです。鈴木さんが米国に留学する前に、交際期間1年弱で破局。復縁を迫る池永被告に対し、鈴木さんはメール着信拒否などを行っていました。その後、執拗につきまとい続けた池永被告。

Licensed by gettyimages ®

そのストーカー行為を繰り返した末に、事前に念入りに準備をし、鈴木さんの自宅クローゼットに隠れて、帰宅したところを刺殺しました。


※写真はイメージです。

警察への相談で、被害者を守り切ることは可能なのか?

Licensed by gettyimages ®

今回起きた目黒のストーカー殺人事件では、殺害された中元志織さんは、警視庁目黒署に計4回も相談していました。それでも防げなかったこの痛ましい事件。

ストーカー行為が発覚したら、警察に相談することが一番いいのですが、していたにも関わらず殺されてしまったのです。もはや警察に連絡する意味があるのか、警察はどう動いてくれるのか、疑問にも感じてしまいます。


※写真はイメージです。

この目黒のストーカー殺人事件では、警察は以下のように動いています。中元さんともある程度は連絡を取り合っていたようです。

でもこれでは十分ではなかったのでしょうか。

今年五月初め、東京都大田区で口論になり一一〇番。蒲田署員が駆けつけるトラブルがあった。

出典 http://www.tokyo-np.co.jp

七月に暴行容疑で佐賀容疑者を逮捕した埼玉県警川口署は、ストーカー行為を懸念。警視庁に連絡し、中元さんには地元の警察に相談するよう伝えた。

出典 http://www.tokyo-np.co.jp

佐賀容疑者の釈放後、目黒署は転居を助言。八月二十九日にも再度電話で勧めたが、中元さんはお金を工面できないなどの理由で転居しなかった。

出典 http://www.tokyo-np.co.jp

中元さんは九月十二日、目黒署に電話し、アルバイト先の客が自分を捜していることを告げた。警視庁は同二十日、携帯電話の番号から、この客を佐賀容疑者と特定。同日、中元さんの行方不明が判明したことから、佐賀容疑者の行方を追っていた。

出典 http://www.tokyo-np.co.jp

さらに警察は容疑者に「被害者女性に近寄らないこと」と誓約書も書かせていたのですが、このような結果となってしまいました。

ここまで行っていても、最終的には「殺害」。警察への相談だけでは、ストーカー行為やそこからの発展の殺害を未然に防ぐことが不可能のような気もしてきてしまいます。

ストーカー被害から逃げるために…

Licensed by gettyimages ®

ストーカー行為にあってしまったら、まずは警察への相談です。三鷹や目黒のストーカー殺人事件を見ると、あまり効果がないようにも感じますが、やはり知らせておくことは重要です。

ただ、警察が確実に動くには、「これは犯罪である!」と明確な認識ができないと出来ないという事実もあるのです。


※写真はイメージです。

警察は明確な犯罪行為がなければ動けません。警察が明確な犯罪行為だと認識するのは「脅迫」「強要」「障害」などですが「らしい行為」というレベルですと、正直警察が動いてくれるとは考えにくいです。

出典 http://life.pintoru.com

出典 https://uwakichousa.co.jp

ですので、ハッキリとこれは「ストーカー行為だ」ということを証明し、警察にすばやく動いてもらうためにも、「証拠」をとっておきましょう。録音や録画など何でもいいので、「ストーカーの証拠」になるものを提出するといいでしょう。


※写真はイメージです。

ストーカー行為の証拠として、以下のものもいいでしょう。

ストーカー被害の記録を付けておく

相手からのメールや贈り物を取っておく

警察に相談実績を作っておく

目撃者や同行者の証言

ストーカー行為の録画を取る

出典 http://www.aichi-tantei.info

Licensed by gettyimages ®

警察が怠慢で全く動いてくれなかったなどという被害も以前よく聞きましたが、もし被害相談をしても効果が全く見られないようでしたら、警察組織の本部に当たる「警視庁」に直接相談することをおススメします。


※写真はイメージです。

警察では、一般的に、刑事事件として立件の確立が高くない事件でもっぱら民亊となったり、夫婦や交際相手との間の痴話げんかみたいなものに対しては、それほど真剣にあつかってくれません。

出典 http://soudan24.info

「証拠」集めも、もちろん重要ですが、警察の「上からの圧力に弱い」という点を利用し、警察組織の上に当たる「警視庁」に直接相談をするのが効果的

出典 http://life.pintoru.com

Licensed by gettyimages ®

警察への相談は、根気よくやると効果的です。それでも取り合ってくれなければ、警視庁へ連絡しましょう。上部からの圧力に非常に弱い警察は、本部から命令されれば動かざるを得なくなります。

Licensed by gettyimages ®

通常は、ストーカー被害は警察に相談すれば、的確なアドバイスが貰えるはずです。まずは最寄の警察署へ。もし対応してくれないようなら、ストーカー対策の相談窓口が各県警にはありますので、そちらに電話してみるという手もあります。


※写真はイメージです。

逃げることも必要

Licensed by gettyimages ®

ストーカー被害に気づいたら、すぐに警察に相談することが重要です。ストーカー行為が続いている中で、その場にとどまることは危険な場合が多いので、逃げるという行為も選択肢として頭に入れておきましょう。

ストーカーに知られてしまっている住居から出て、実家に帰るということなども出来るかと思います。


また、ストーカーの専門相談窓口支援制度もありますので、そういったものを利用するのもいいでしょう。

さらに、ストーカー被害者が逃げることのできる、専門のシェルター(保護施設)もありますので、そういったところへ避難することも可能です。

Licensed by gettyimages ®

シェルターや保護施設と呼ばれるところは、ストーカーのみならず、DVなどの被害で悩んでいる人を一時的に保護してくれる施設です。福祉事務所や警察へ一時保護施設(シェルター)を利用したい旨を知らせることで利用できるようになります。

通常は無料で2週間ほどは滞在が可能となり、子ども同伴でも入居できます(子どもの年齢制限がある場合も有り)。施設は、一般に所在地や電話番号等一切公開していませんので、安心してかくまってもらうことが可能です。その代り、入居となる場合は、そういった情報をどんな人にも公開してはいけません。

入居が理由で仕事の収入が得られない場合でも、生活保護を利用するなど方法がありますので、そういったことも相談してみるといいでしょう。

まずは今出来ることから…

Licensed by gettyimages ®

目黒のストーカー殺人事件の被害者である中元志織さんには、心よりご冥福をお祈り致します。そしてこのような痛ましい事件を繰り返すことのないよう、ストーカー被害に合われている方は、ひとりで悩まず、必ず警察へ相談し、身近にいる人々からも助けを得るようにしてください。勇気がいることかもしれませんが、「今出来ること」を実行に移し、少しでも早く解決に近づかせ、ご自分の身をしっかりと守ってください。

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス