記事提供:ORICON STYLE

かわいすぎる“恋ダンス”が話題を呼んでいる新垣結衣 (C)ORICON NewS inc.

女優・新垣結衣主演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が好調だ。

“契約結婚”を題材にしたストーリーの面白さはもちろん、メインキャストの星野源が歌う主題歌「恋」に合わせて、新垣ら出演者陣が躍る“恋ダンス”も話題になり、平均視聴率は初回から右肩上がりとなっている(10.2%→12.1%→12.5%/関東地区・ビデオリサーチ調べ)。

好調の理由として忘れてはいけないのが、主人公・森山みくりを演じる新垣の存在。ネットには、「とにかくかわいすぎる!」、「ガッキーが女神のよう」との声があふれている。

新垣といえば06年、『ポッキー』のダンスCMで一躍お茶の間の人気者となって以来“ガッキー”の愛称で親しまれているが、28歳となった今もそのかわいさは無敵。なぜイノセントな輝きを一切失うことなく、“全盛期”であり続けることができるのか? 新垣の色褪せない魅力に迫ってみたい。

公私ともにスキャンダル知らず、何事にも転ばない強さ

新垣の芸能界入りは01年、姉に勧められて応募したローティーン向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)のオーディションでグランプリに輝いたのがきっかけ。

以降、人気モデルとして同誌の表紙を当時最多の15回飾ることになる。『ニコラ』モデル卒業後も人気が衰えるどころか加速し、写真集を発売すれば書店サイン会には1500人ものファンが殺到する人気ぶりだったという。

08年、ブレイク仕立てのころのガッキー(C)ORICON NewS inc.

04年頃から女優業にも進出し、06年の江崎グリコ『ポッキー』のCMで一躍お茶の間の注目を浴びると、翌年には『ワルボロ』で映画デビュー。

同年8月公開の『恋するマドリ』では初主演を務め、さらに11月に公開された主演映画『恋空』は大ヒットを記録、『第31回 日本アカデミー賞』をはじめ数々の映画賞を受賞した。

以後、ドラマや映画を中心に大活躍することになるのだが、今回の『逃げ恥』のエンディングで見せる新垣の“恋ダンス”は、先述のブレイクのきっかけともなった『ポッキー』CMを彷彿とさせ、10年前と変わらないガッキーの“かわいさ”に視聴者も驚愕したのである。

「新垣さんのダンスは確かに“かわいい”ですが、彼女の人気は、これまでに築いてきた“実績”があってこそです。

女優デビュー当初の『ドラゴン桜』(TBS系)や『ギャルサー』(日本テレビ系)ではギャルの役でしたが、どこか隠しきれない“清潔感”、言ってみれば“素人っぽさ”がありました。

でも、その後の映画『恋空』の女子高校生役や、父親役の舘ひろしさんと体が入れ替わってしまう『パパとムスメの7日間』(TBS系)などの作品で着実に成長しながら、実績を積み重ねてきた。

普通の女優さんなら、学生役→オトナの女性役への脱皮に悩む…という過程がありますが、新垣さんはその分岐点ともなった初の単独主演ドラマ『全開ガール』をまずまずの視聴率で切り抜け、

その後の『リーガルハイ』(共にフジテレビ系)や映画化もされた『S ―最後の警官―』(TBS系)では、主演ではありませんが高視聴率を記録、昨年の『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)でも、大胆なコスプレを披露しながら数字を残しました。

それに今までこれといった“熱愛報道”もありません。公私ともに傷がついたことがないという、“スキャンダル処女”であることも大きいでしょう」
(エンタメ誌編集者)

今どきめずらしい謎めいたプライベート&“程よい距離感”を持つ女優

とはいえ、過去の実績や変わらないかわいさだけでは、今の『逃げ恥』の新垣の人気ぶり、再評価の秘密は語れないような気もするが…?

「実は大の爬虫類好き」という新垣結衣(C)ORICON NewS inc.

「新垣さんの人気の大本には、新垣さんと視聴者との“適度な距離感”があると思います。最近は女優さんたちがバラエティ番組に進出し、新たな側面を開花させるといったケースが増えていますが、新垣さんはバラエティにまったく出ないわけでもなく、かといって寄りすぎもしません。

たまに出るバラエティでは、“休みの日には、まとめサイトを閲覧したり、ペットのトカゲにエサをあげたり。家にはミラーボールがあって、ストレス発散法はお酒を飲みながら音楽をかけて踊ること”……などと謎めいたプライベートを明かすなど、きちんと笑いを取っています。

でも、変に気負ったりはしゃいだりして、視聴者を幻滅させることもない。要するに、自然体なんですね。ゴリゴリに清純派を押し出しているわけでもなく、自分を偽らず常に自然体だからこそクリーンなんでしょう。

コメディタッチでも何のドラマでも、自分がブレていないので“女優・新垣結衣”のイメージがそのままずっと保ち続けられているんです」
(前出・編集者)

男女ともに“ガッキー=カワイイ”とのイメージがあるようだが、身長170cm近いモデル体型であることも忘れてはならず、女性にとっては“憧れの存在”としても根強い人気を誇っている。

そろそろ三十路に突入していく年齢にもなるが、女優以外でも歌手としてCDを出したり、自筆の絵本を発売したりと、なかなかの多才ぶりを発揮している新垣。ひょっとしたら将来は、大女優・吉永小百合のように、時代に見合ったニュータイプの“永遠の清純派女優”となっているかもしれない。

吉永小百合のように“永遠の清純派”女優となるか?(C)ORICON NewS inc.

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス